最近のトラックバック

« めまい | トップページ | 地震はもう勘弁してもらいたい・・・ »

2014年7月 5日 (土)

僕の老婆心であればいいのだけれど・・・

僕のブログを震災前から読まれている方はご存知かと思われるが、3.11の大地震の1ヶ月前から、めまいやら胸の痛み、手足のしびれ、そして耳鳴り等に悩まされ、仕事が出来ない状態にまでなった。実はその時と同じような状況になっている。

めまい感と胸の苦しさは、全く同じだと言っていい。ただその症状がじゃっかん軽い。どうにか仕事はこなすことが出来るが、正直胸騒ぎがする。先月の末から頻繁に地震が来ている。特に3日前に茨城県で震度4の地震が起きてから、急に僕は体調が崩れた気がする。

大地の歪みと言ったらいいのだろうか。もしくは大地のきしみと言ったらいいのだろうか。何か得体のしれない違和感が、僕にまとわりついている感じだ。

体調が悪いのは、単に疲労やストレスであって欲しいと願いたい。3年前は、自分で歩けず、家内に車いすで病院に連れて行ってもらった。MRやら心電図やら血液検査、レントンゲン検査では、何も病名が出なかった。

そして大震災がやってきた。僕の老婆心であればいいのだけれど・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« めまい | トップページ | 地震はもう勘弁してもらいたい・・・ »

コメント

ご無沙汰しております。

このところ中位の規模の地震が頻発していて、気になっていました。「大地の歪みと言ったらいいのだろうか。もしくは大地のきしみと言ったらいいのだろうか。何か得体のしれない違和感が、僕にまとわりついている感じだ。」という一節に、大きくうなずいております。

大地が大きなエネルギーを解放しようとしているときに、地表に暮らす生き物が何の影響も受けないということはないのではないか。そんなふうにも思います。鳥や虫や獣たちの異常行動が天変地異の予兆だったという話は、いろいろ耳にすることがあります。われわれ人間にも衰えてしまったとは言いながら、そのようなセンサーが残っているのではないでしょうか。

ストレスなどからくる身体の変調ということも、あるのかもしれません。どうぞ、ご自愛ください。

(かねごん)
小林先生、こちらこそご無沙汰しております。
今朝震度5弱の揺れがありました。大地の緊張がすこし緩和されたのか、体調もだいぶ良くなりました。
近頃は、不思議な体験というのか偶然というかそんなことが続いています。そんな時代なのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕の老婆心であればいいのだけれど・・・:

« めまい | トップページ | 地震はもう勘弁してもらいたい・・・ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ