最近のトラックバック

« 人生は不平等なのだ | トップページ | 2014夏期講習会IN一関 »

2014年6月22日 (日)

大学の授業をキツネくんたちが覗きにやってきた

先日短大で僕が英語の授業をしていると、窓から見える近くの山肌に、二匹のキツネが現れた。親子ギツネか兄弟ギツネかは分からないのだけれど、学生達が言うには、最近ちょくちょく現れるのだと言う。

近頃は一関では、頻繁に熊が目撃されている。キツネやたぬきに驚く市民は少なくなったけれど、自然が豊富と言うよりは、山に食べ物が無くなって来ているのが現状だろうと思う。

Photo


授業が終って短大の3階の窓からキツネくんたちを写そうと思ったのだけれど、林の中に入っていて、キャッチすることが出来なかった。

そこでウエーブ上からイメージ画像を拝借してみた。

229d38a675838afdadc3a7d27a368e7d7b7


こんな感じのキツネの親子が覗いてくる大学の教室なんて、田舎の風情があっていいでしょう。

一関っていいところだな~。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« 人生は不平等なのだ | トップページ | 2014夏期講習会IN一関 »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の授業をキツネくんたちが覗きにやってきた:

« 人生は不平等なのだ | トップページ | 2014夏期講習会IN一関 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ