最近のトラックバック

« 雨の日曜日 | トップページ | 自分たちの存在をカモフラージュするのはやめた方がいい »

2014年6月29日 (日)

囲炉裏爺

宮城県の長沼近くの温泉に入った僕は、その後登米市の高倉勝子美術館に立ち寄り春蘭亭によってお茶を頂いた。

229d38a675838afdadc3a7d27a368e7d7b7


茅葺屋根の武家屋敷の囲炉裏に陣取った僕は、あまりに風景に溶け込んでしまって、単なる囲炉裏爺になっていた。

座っている場所から前方の柱を仰ぎ見れば、竈(かまど)神様が僕を睨んでいる。

70726f647563742f32303134303332375f3


しかし、どことなく僕と雰囲気が似ている竈神様でして、変な親近感を覚えるかねごんであった。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« 雨の日曜日 | トップページ | 自分たちの存在をカモフラージュするのはやめた方がいい »

風景」カテゴリの記事

コメント

かねごん先生

いやぁ~、いい写真ですね。
囲炉裏空間・・・私の夢です。

(かねごん)
上野先生はこの空間好きですよね。
僕も茶の間の畳を退けて、囲炉裏を復活したいと思うのですが、天井に難ありですね。煙を排出するシステムをしっかりすないと、家全体がすすけてしまいますし、囲炉裏って裸火を扱うので、子どもには危険ゾーンになりますしね。

かねごん先生

周りに溶け込んでますよ。

囲炉裏と先生、とてもお似合いです。

(かねごん)
美川先生こんにちは。
ニックネームをかねごん爺に変えようかと思いっているこの頃です(笑い)。
明日から7月ですね。昨年は本当にお世話になりました。やあ~岐阜は良かったですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 囲炉裏爺:

« 雨の日曜日 | トップページ | 自分たちの存在をカモフラージュするのはやめた方がいい »