最近のトラックバック

« シュタイナー教室なのに超日本庭園テイストになってしまった | トップページ | 竹取の翁 »

2014年5月19日 (月)

コーヒー豆が急騰

朝の目覚めや仕事の合間に飲むコーヒー。この癒やしの一杯の価格が上がってしまうかもしれない――。米・ニューヨークの先物市場で3月上旬にアラビカ種のコーヒー豆が1ポンド(約453グラム)当たり200セントを超え、昨年11月上旬から2倍の水準まで上昇した。

2011年には300セントまで価格がハネ上がった。生産国での天候不順や新興国におけるコーヒーの需要増、米国の金融緩和に伴う投機資金の流入が主な要因だった。

今回の価格高騰は、2014年1月から3月にかけてコーヒー豆の最大生産国であるブラジルが干ばつに見舞われ、世界的な供給不足が起こるとの懸念が広がったことが主な理由だ。

しかし、「ブラジルの干ばつだけが、コーヒー豆の価格上昇の理由ではない」と、丸紅の梶原和幸・飲料原料部長は指摘する。

コーヒー豆は通常、豊作と不作を1年ごとに繰り返す。豊作の翌年はコーヒーの木の体力が弱まり、収穫量が減ってしまうからだ。2013年は前年が豊作だったことから、減産になる年とされていた。ところが、実際には市場の想定より豊作になってしまった。その反動で2014年は減産になるという見方が、干ばつ以前から存在していた

Photo

コーヒー好きにとっては気になる記事である。喫茶店で飲むコーヒーがこの春、消費税の増税に伴い、どこも値上げした。今後ワンコインで飲めるコーヒーがなくなれば、喫茶店で憩うこともままならなくなりそうだ。

かと言ってインスタントコーヒーでは味気ない。コーヒー豆が、なんとか我々庶民に手が届く範囲で買えることを願うこの頃である。

ところで昨年から育てていたコーヒー豆の木が枯れてしまった。やはり岩手の冬を超すことは困難だったようだ。代わりにサボテンを同じ器に植えた。

同じ観葉系の木でも、ゴムの木は猛烈な繁殖をしめし、塾内で増殖をしている。ゴムの木を育てても残念がらコーヒーは実らない。接ぎ木などではだめだろうかと、諦めきれない僕は、わけの分からない妄想をしているのだけれど、とにもかくにもコーヒー豆が安定供給されることを切に願うかねごんである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« シュタイナー教室なのに超日本庭園テイストになってしまった | トップページ | 竹取の翁 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー豆が急騰:

« シュタイナー教室なのに超日本庭園テイストになってしまった | トップページ | 竹取の翁 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ