最近のトラックバック

« 龍神好きのトトロ | トップページ | 続・なんちゃってセラピスト »

2014年5月30日 (金)

なんちゃってセラピスト

田舎町で個人塾を営んでいる人間が珍しい故か、それとも神出鬼没の性格が災いしているのか(笑い)、たまに教育相談というのか、人生相談に塾に来られる方がいる。時に生きる死ぬの深刻な相談などもあって、重々大変なこともあるわけだけれど、なんちゃってカンセリングや、なんちゃってセラピーのようなことをやらせて頂いている。

あくまでもなんちゃってなので、無責任極まりない素人相談役なのだけれども、頼ってくる方を無碍に断ることも出来ず、お話だけは聞いているかねごんである。

最近の傾向としては、悩み多き人達はスピリチュアルな本や心理学の本をだいぶ読まれていて、結構自己分析や家族の分析を僕の前で披露する。それだけ自分のことがわかっているにのなら、何とかなるんじゃないかと思うわけだけれど、よく話を聞いていると、知識がなかなか行動に繋がっていない状況の方が多い。

いくら想いが変われば人生が変わると言っても、行動が伴わなければ名著も啓蒙書も、絵に描いた餅に等しい。

僕も偉そうに人のことなど言える立場ではないけれど、頭で分かった段階で、賢くなった気分になって、そこで終ってしまう人が多いようだ。そして家庭内のゴチャゴチャが解決するどころか、さらなるカオスが生じ、にっちもさっちもいかなくなってしまう。

知識が優先の人は、確かに頭が良いんだけれど、自分の周りで生じる不都合なことを、全部自分以外のせいにしている場合が多い。夫が悪い。親が悪い。そして会社が悪い。政治が悪い、祖先が悪いみたいに。

運が悪かったり、いろんな問題が生じる原因を自分以外に求めないで、自分がだめだから様々な問題が起こるのだと、一度自分のダメな部分と向い合ってみてはいかがだろうか。

最近は、自分を信じなさいとか、自分を愛しなさいみたいな本が世の中にいっぱい溢れている感じだけれども、自分がダメ人間だと認めることで、見えてくる世界もあるような気がする。

他人を変えることは難しいけれど、少なくとも自分が変わることの方がたやすいのではないだろうか。子どものことも、家族のことも、自分のダメなところを変えることで、きっと変わる部分が出てくのではないかと思う。

自信家の人ほど、~をしなければならないと思っているんですけど、でも・・・・と必ず否定形が出てくる。自分が全て正しいという思い込みの中に、実は不幸の種が潜んでいる。

僕は、相談にやってくる方々に以下のようなメッセージをお伝えしてきた。

何も言わなくていいです。今現在あなたがしていることで、実はこれはやめたほうがいいと思っていることを、一つでいいのでやめてみませんか。

ある方はタバコをやめて、人生が改善して行く。

またある方は、浮気をやめて家族の心が戻ってくる。

ある方は、子どもの前で夫をなじることをやめて、経済問題が解消していく。

何かを始めるということはかなりのエネルギーを必要とする。同じように、何かをやめることも大変なのかも知れない。しかし、何もしなければ何も始まらない。

精神世界関連の本を読むと、人は最終的には思っている自分になる、なんて書いている。いくら言葉を着飾っても、ふりをしても本心はごまかせないのが我々人間のようだ。よくお天道さまが見ていらっしゃるなんていう表現があるけれども、僕らの本質は、僕らを一番し知っている。

シュタイナー敎育『風と虹』のブログ・詳細はこちらこども教室『風と虹』

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« 龍神好きのトトロ | トップページ | 続・なんちゃってセラピスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんちゃってセラピスト:

« 龍神好きのトトロ | トップページ | 続・なんちゃってセラピスト »