最近のトラックバック

« 熊さんと記念写真 | トップページ | ブログの今昔物語 »

2014年5月 6日 (火)

卓球女子団体で31年ぶりに決勝進出

 卓球・JA全農世界団体選手権最終日(5日・代々木体育館)――決勝が行われ、女子団体で31年ぶりに決勝進出を果たした日本は、中国に0―3で敗れて銀メダルに終わった。

 石垣優香(日本生命)、石川佳純(全農)、平野早矢香(ミキハウス)が3連敗した。男子は中国がドイツを3―1で下し、7連覇を達成した。4日に行われた準決勝で、日本女子は香港を3―1で破り決勝進出を決めていた。 

日本の卓球が世界レベルであることは間違いない。しかしそれでも中国は別格だ。日本が中国の卓球に勝つためには、パワー卓球が必要だ。

横回転だとか、下回転だとか、中国選手には関係ない。どんな回転だろうと、パワーでコースを狙ってくる。

背筋と、強靭な足腰の筋力が必要である。技術では世界レベルでも、日本人の卓球選手は線が細い。お人形さんみたいな可愛い選手が多い。中国選手に勝つためには、レスリング選手のようなパワーが必要だ。

それにしても31年ぶりの銀メダル、すばらしい結果だった。31年前と言えば、僕が塾教師デビューした年だ。ずいぶん時代が経ってしまった。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« 熊さんと記念写真 | トップページ | ブログの今昔物語 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卓球女子団体で31年ぶりに決勝進出:

« 熊さんと記念写真 | トップページ | ブログの今昔物語 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ