最近のトラックバック

« ふたたび77について | トップページ | 夢が現実になってしまった »

2014年4月16日 (水)

大物見山の竜神堂

Ba9wm9zcqaaelwm


僕はどこにいるのかというと、一関市花泉町の老松にある大物見山の山頂にいるんですね。ここは竜神堂という祠が祀られていて、龍神が祀られているパワースポットであります。僕の左側に平たい石が見えますが、座禅石と言われているもので、室町時代に月見和尚という方が、この座禅石に7日間座して、龍神に祈願し雨を降らしたという伝承があります。

月見和尚はこの霊地を永遠のすみかと定め9年間常駐します。その後あの東北曹洞宗の大本である正法寺の二祖となりました。

229d38a675838afdadc3a7d27a368e7d7_2


伝承によりますと、月見和尚が大物見山で座禅をしていると、風が吹いてきて和尚の袈裟が現在の水沢の正法寺のある山に飛んで行き、そこを霊地として正法寺を開山したという話が伝わっています。

正法寺には幾多の龍神様が祀られていますが、きっと月見和尚の伝承と関係があるのではないでしょうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« ふたたび77について | トップページ | 夢が現実になってしまった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大物見山の竜神堂:

« ふたたび77について | トップページ | 夢が現実になってしまった »