最近のトラックバック

« 放射能のことを書けば風評被害だとのオンパレード | トップページ | J.Dサリンジャー『フラーニーとズーイ』 »

2014年4月30日 (水)

この時期の小学5年生の算数が難しい

この時期の小学5年生の算数が難しい。

何が難しいかと言えば、数量の単位である。

1㎥が1000000立方cmだとか、1リットルが1000立方cmであるとか、1ミリリットルが何立方cmであるとか、そんな問題を前にして子どもたちは悪戦苦闘だ。

この問題は高校受験を控えた中学3年生もたじろぐ箇所で、きっとお子さんに尋ねられるお母さん方も、かなり苦労しているのではないだろうか。

教科書通りの教え方もあるだろうけれど、それぞれの個性的な教え方があってもいいだろうと思う。子どもたちが納得するかどうかが問題であって、単なる暗記はすぐに消去されてしまう。

今年も附属中学の受験勉強がいよいよ本格始動だ。

それにしても中3が来ない・・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« 放射能のことを書けば風評被害だとのオンパレード | トップページ | J.Dサリンジャー『フラーニーとズーイ』 »

コメント

mathではなく、scienceの発想でdimensionを使えばしっくりきます。高校で理系に進むときに必要になる本質的な考え方ですが、中学の数学でも大切な考え方です。小学校からやらせるのもいいかもしれません。子供が文系嗜好だから、一般に、記号と論理的な思考は好かない、とわれればそれまでですが。

(かねごん)
コメントを頂きありがとうございます。
貴重なご意見をありがとうございます。キュービック的な発想は小学生には難しいようですが、いろんなアプローチをやってみることで、思考力を高めて行きたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この時期の小学5年生の算数が難しい:

« 放射能のことを書けば風評被害だとのオンパレード | トップページ | J.Dサリンジャー『フラーニーとズーイ』 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ