最近のトラックバック

« 春なのに | トップページ | 職業に関係なく子育ては一回きり »

2014年4月27日 (日)

愛・あい・アイ・・・・

年収1000万円の人は、年収100万円の人の暮らしが想像できるだろうか。生活に困らない人は、生活保護家庭の人たちの暮らしが想像できるだろうか。

学校での勉強もそうだ。学年の上位にいる生徒は、いつも赤点ばかり取っている生徒の能力を想像できるだろうか。

このことは教師にも言える。理解力が乏しい子どもたちの気持ちを、先生方は想像出来るだろうか。

毎日朝から晩まで働いて、それでも生活費が賄えない人たちがいる。一生懸命勉強をしているのに、テストが芳しくない生徒がいる。

「頑張りたくても頑張れないんだよ」そんな言葉は単なる言い訳だろうか。どんな家庭に育とうと、どんな環境だろうと、人間頑張ればなんとかなるというのは詭弁だ。

社会格差が広がる中で、弱者は弱者であることさえも認められず、平等という名の偽善的オブラートの中で、希望を持つ気力さえなくしてしまって沈黙してしまっている。

結婚をしたくても経済力がなく、結婚をあきらめてしまっている多くの若者達。学歴社会という幻想の檻の中で、就活の機会が阻害され、諦観の中で殺伐とした日々を送っている若者たち。

大きくなったら野球選手になる。

病気の人を助ける看護師になる。

可愛らしいケーキ屋さんを作りたい。

子どもの頃、子どもたちは元気いっぱいに夢を語ってくれる。しかしその夢は、多くの場合実ることなく、片隅に追いやられてしまう。なぜだろう。

子どもの夢を後押ししたくても、親御さんの経済力がないからだろうか。努力が足りないからだろうか。運がないからだろうか。

現実という社会の海を渡りきる体力がないからだ。その体力は愛情によって培われる。庇護することが愛情ではない。守ることだけが愛ではない。今生きている人々の愛は、存在そのものを慈しみ、喜びや哀しみを共有する精神が不足している気がする。

誰かがしなければならない仕事。誰かが背負わなければならない責任。そして誰かが助けてやらなければならない誰か。その中に多くの人達の夢が希望が織り込まれている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« 春なのに | トップページ | 職業に関係なく子育ては一回きり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/55962358

この記事へのトラックバック一覧です: 愛・あい・アイ・・・・:

« 春なのに | トップページ | 職業に関係なく子育ては一回きり »