最近のトラックバック

« 石は神々の翻訳機じゃないだろうか | トップページ | ヨボヨボのボロボロだったので・・・ »

2014年3月26日 (水)

春の珍事

昨日一関市内の中学校は先生方の離任式。春期講習も開店休業状態。ものすごい突風が吹き荒れ、電車もストップ。そんな中、磐井川堤防では桜の木の植樹祭が行われ、多くの市民の方々が、風にあおられながら桜の苗木に盛り土をしていた。

ところで来年度の生徒募集の話であるが、僕の塾ではちょっとした珍事が起こっている。来年度の新中3生は、すごく少なくて大募集中なのだが(笑い)、新中1年生がもうすぐ定員になる。

昨日も新中1年生の体験入学があった。問い合わせも新中1が多い。あと3名でこの学年は、退会者がいない限り、2年間募集停止となる。

この状況を分析してみるに、僕の塾が人気があるというよりは、大手塾に生徒がわんさか集まりすぎて、個別対応の指導や児童とのコミニュケーションがあんまりスムーズに行ってないのじゃかと思っている。

僕のような家内制手工業的個人塾は、入れる人数も各学年10名もいないわけで、生徒との個別対応という意味では、大手には負けない自信がある。がしかし、その濃密感が嫌で、他の生徒との人間関係が原因で、退会する生徒が毎年2,3人いることも事実である。

多ければ多いなりの、少なければ少ないなりの、指導のメリット、デメリットはある。というわけで、新中1だけはもうすぐ定員になりますが、他の学年はめちゃくちゃ余裕がありますので、塾をお探しの一関市内の皆さま、当セミナーをよろしくお願い致します。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« 石は神々の翻訳機じゃないだろうか | トップページ | ヨボヨボのボロボロだったので・・・ »

塾からのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/55519390

この記事へのトラックバック一覧です: 春の珍事:

« 石は神々の翻訳機じゃないだろうか | トップページ | ヨボヨボのボロボロだったので・・・ »