最近のトラックバック

« ストレス | トップページ | 受験に失敗した君たちへ »

2014年3月18日 (火)

イメージング

今年の冬は寒かった。そして雪がどかどか降った。山里の僕の家のまわりには。まだ雪が残っている。

いつもなら花粉症の襲撃にあっている頃なのだが、今年は未だ始まっていない。助かっている。ぼちぼち冬タイヤを夏タイヤに替える人もでてくる頃だが、我が家はまだ早いだろうと思い、スタッドレスタイヤのままだ。

今度の日曜日からは塾での春期講習が始まる。それと同時に田んぼの準備も始まる。種籾の消毒、そして田起こしの準備だ。

4月から始まる短大での英語授業にいたっては、1年間の指導案こそ作成したが、教材を使っての授業のイメージトレーニングはまだだ。90分授業に対応するイメージトレーニングは急務だ。

友人のアメリカ人にも指摘されたのだが、Mr・かねごんは教科指導案のようなノートを持ち歩いていないが、よく授業の構成を立てられるなとちょっとだけ感心される。ちなみに英語の超専門家である彼は、細かくメモをとっている。

僕の場合、塾での一斉授業も高校での授業も、そして小学校でのおちゃらけライブも、イメージトレーニングだけは欠かさない。時に車の運転をしながら、時にジャズを聞きながら、時にぼ~としながら僕は授業のイメージトレーニングをする。これをやらないと、僕の場合大変なことになる。

生徒たちの反応に対して、たいてい3パターンの選択肢を用意する。どこまで詳細に話しを持っていくか、割愛するか、もしくは転換するか、イメージの中で模索して行く。この教授方法はかれこれ20年以上になる。

一生懸命農業をやっていた頃は、農作業をしながらその日の授業のイメージを構築した。

実はこれは卓球の指導もそうだ。日頃の選手の癖や心理状態を掌握することで、試合のオーダーやアドバイスをイメージすることは多い。行き当たりばったりの時は、まったくズタズタの試合になってしまう。

イメージングが出来ていれば、たいての予期せぬハプニングには対応できる。つまりハプニングもイメージングに想定範囲として取り込めておけばいいわけだ。もっと簡単に言ってしまえば、ハプニングが起きないように強い想念でイメージすればいいわけだけれど、体調や精神状態がいまいちの時は、正直もたつくことは多い。

身体や精神の体調管理は大切だ。イメージ力の基礎である。雪もなくなってきたので、そろそろ散歩の強化をしなければならないな・・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« ストレス | トップページ | 受験に失敗した君たちへ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イメージング:

« ストレス | トップページ | 受験に失敗した君たちへ »