最近のトラックバック

« 今夜はジャズ | トップページ | 幸福ってなんだろう »

2014年3月23日 (日)

金縛りパート2

先日書いた金縛りの記事が、かなりヒットした。きっと僕のように金縛りに苦しむ方々が多いのだろうと思う。

金縛りの経験で一番難儀したのは、大学2年の夏のことだった。住み込みで箱根の某温泉でバイトをした時のことだった。

229d38a675838afdadc3a7d27a368e7d7b7

僕の仕事は、お客様への朝と夜の配膳の仕事。そしてお風呂場の掃除が主な仕事だった。寝る部屋は贅沢にも8畳の一人部屋。

なにせ歴史深き箱根山、至るところに怪しげな石碑や墓碑がたたずむ神住まう霊山である。住み込みバイト3日目のこと、。朝の早い僕は夜11時には床についた。

うとうとし始めると突然部屋のドアが開いた。鍵をかけていたにもかかわらずである。それと同時に身体が硬直。金縛りに襲われた。

視野に飛び込んできたのは鎧姿の武将の影。声も出ないし、腕も上がらない。僕には数時間にも感じたが、妖なる存在が去り、身体の自由が戻り時計を見た時は、5分も経っていなかった。

あれは本当に怖かった。それからと言うもの毎晩電気はつけっぱなし。厨房から塩を持ってきて部屋の四隅に置いた。その後、旅館での恐怖の金縛りには襲われなかったが、その後円形脱毛症になった。きっと僕がハゲオヤジになった要因は、若き日の箱根のバイトにあったのではなかったと、しみじみ思っているかねごんである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« 今夜はジャズ | トップページ | 幸福ってなんだろう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金縛りパート2:

« 今夜はジャズ | トップページ | 幸福ってなんだろう »