最近のトラックバック

« ラストスパートだ! | トップページ | 原発事故との因果関係がないというのはひどすぎる »

2014年2月 9日 (日)

大雪にはまいった

東京は観測史上まれにみる大雪だったようだ。大学受験たけなわ、受験生も大変だったと思う。

校庭に降った雪を利用して、用務員さんが描いたアートをTwitterで発見した。

No


素晴らしい!

岩手もすごい雪だった。幹線道路は除雪車が走ったので、車はなんとか走れたが、自宅から公道にでる道が、田んぼとの区別がつかなくなり、外出出来なかった住民の方も多かったようだ。

かくいう僕も、自宅から脱出するために、3時間ほど除雪作業に汗を流した。雪のアートを創造しうる余裕がない僕ではあったが、上のような風景をみるとほっこりする。

屋根からの雪で、家の周りは1メートルを超える積雪になっている。煙突も壊れてしまった。明日は早朝から雪かきと修理に追われる。ふ~

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« ラストスパートだ! | トップページ | 原発事故との因果関係がないというのはひどすぎる »

コメント

雪かきお疲れ様です。そちらの雪の量は、こちらのと桁が違いそうですね。

関東人は雪に弱く、この雪で、東京都知事選への影響も考えられましたが、やはり、投票率は46.14%。衆院選とのダブル選挙だった2012年12月の前回都知事選(62.60%)を大幅に下回り、過去3番目に低かったそうです。

今回当選した舛添さんもクリーンな感じがしませんが大丈夫でしょうか??
週刊文春には、舛添舛添要一投票直前スキャンダル、元側近議員である「新党改革」幹部の矢野哲朗、山内俊夫両氏が怒りの告発。政党助成金で借金2億5千万円を返済。元幹部が実名で告発するのは初めてだ。とのっていましたが。。

また、大雪に紛れ、福島県の県民健康調査の最新情報が毎日新聞にのっていましたので、ご紹介しておきます。

また、がん確定が増えてしまったようですね。

毎日新聞 2014年02月07日 21時28分
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20140208k0000m040094000c.html

以下、上のリンクより引用

東京電力福島第1原発事故の影響を調べる福島県の県民健康管理調査の検討委員会が
7日福島市で開かれた。甲状腺がんの診断が確定した子どもは、前回(昨年11月)
会合時の26人から7人増えて33人となった。「がんの疑い」がある子どもは42
人(前回32人)。

「がん」もしくは「がんの疑い」のある子どもの割合は検査受診者の0.03%と一
般的な発症率より高いが、症状のない人も対象にこれだけ大規模な調査をした例はな
い。検討委は原発事故との因果関係について「考えにくい」としている。【高橋隆
輔】
引用終了

因果関係を否定する根拠が毎回あいまいで、納得いく説明がされていませんが、どういうことでしょうか??
通常の発生率とは、明らかに異なるように思いますが。。。
ご意見をお聞かせいただければと思います。

(かねごん)
花*花様コメントを頂きありがとうございます。
ブログ記事で紹介させて頂きました。貴重なご意見ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雪にはまいった:

« ラストスパートだ! | トップページ | 原発事故との因果関係がないというのはひどすぎる »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ