最近のトラックバック

« 歴史の中で | トップページ | 貧困ライン »

2014年1月30日 (木)

ついに文科省が動いた

文科省が尖閣諸島や竹島を日本固有の島であることを教科書に盛り込んだことで、中国や韓国が猛烈に噛み付いてきた。

中国や韓国は、日本の対応が理解できないようだ。実は正直僕も分からないことだらけだ。何が分からないのかというと、ふつう土地の所有権というのは、歴史認識云々ではなく法的な事務処理の問題だと思うのだけれど、それをおざなりにやってきた日本政府の怠慢が、今回のような事態を生じさせてしまったのではないだろうかと考えている。

感情論でものを押し通そとする中国や韓国も大人げないが、初期の対応をしっかりと取らなかった日本側の曖昧さにも責任がある。国際法に基づいた判断を早急に促すことなく、戦時中の様々な歴史の汚点を蒸し返された日本は、韓国や中国に対して遠慮をした分けではないだろうが、すぐに強行手段を取らなかったのは、譲歩やためらいありとの状況判断を与えてしまった気がする。

しかしそれにしても、東日本大震災で揺れ動く時期に、日本に領土問題をけしかけて来た韓国や中国の政策も、なんというのか、大手を振って日本を非難できる立場ではないように僕は思うわけで、確執の深さをあらためて認識したしだいである。

国際法に照らして、尖閣や竹島が日本のものでないならば、それはそれで仕方がないことだろうと思う。しかし日本政府が本当に日本のものだとする確信があるのならば、やりたい放題されている竹島や尖閣を傍観してきた日本の態度は良くなかったと言わざるを得ないのではないだろうか。

中国や韓国をはじめてする東アジアの諸国は、日本の軍国主義化を恐れているような素振りだが、実際は戦時中、日本から受けた屈辱に対する怨念が領土問題に飛び火している状況なわけで、慰安婦問題にしても、植民地支配下に於ける日本の暴挙に対しても、謝罪と金銭的補償を要求してやまない隣国に対して、しっかりと対応してこなかった日本政府のダンマリ的ごまかし外交が、ここに来て外交の悪化を生じさせている。

日本という国が、外国からどのようなスタンスで眺められているのかを、客観的に見ることができいないでいることが、そもそもの失態の諸原因になっているように思えてならない。

かつて日本人はアメリカ人にJAPと蔑まされた。経済大国と言われて久しい日本だが、アメリカの顔色を伺うことに忙しくて、近隣のアジア諸国と本当の意味での友好関係を築いてこなかった日本というこの国は、どこか夢みがちでそして傲慢だったのだろうと思う。

日本の歴史は、決して隣国に対して優しくはなかった。その事実を踏まえた上で、民族の持っている負の思想をしっかりと見つめなおし、日本という国の実態を掌握しなければならない時期ではないだろうか。

自民党は憲法改正にやっきになっているが、平和憲法と言う建前をぶち壊してまでも防衛軍事を正当化させようとする意図が、あまりにもアメリカの打算によるものであることが周知である以上、日本の真の独立は程遠い。

大国の属国であり続けることで、平和を装うとしているのなら、必ず近い将来に於いて、この国の崩壊はやって来る。違うだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« 歴史の中で | トップページ | 貧困ライン »

コメント

こんにちは
語ることが難しい問題を、よくぞ深く考察してくださいました。
ネット上では極端で浅い論に触れることも多く暗澹としてしまうのですが、今日はこちらの文に触れて明るい先が見えたような気がしました。
ありがとうございます。

(かねごん)
shinobured様コメントを頂きありがとうございます。
あの小さな島が、火種になってどんどんと隣国の関係が悪化している現状は、決してどちらの国にとってもプラスになるものではありません。
譲歩や妥協が許せないなら、放棄もいかがなものでしょうか。失うことで得るものもあると思うのですが、意地やプライドで真実を見極める冷静さを、日本や隣国は失ってしまっています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに文科省が動いた:

« 歴史の中で | トップページ | 貧困ライン »