最近のトラックバック

« 夢の預かりもの | トップページ | さあ本番だ! »

2014年1月16日 (木)

本当は働けるのに働かない若者の存在が、働くことが困難な若者の存在を危うくしている

電気、ガス、水道が止められ、冷蔵庫にはマヨネーズなどの空容器のみ……。そんな大阪市の団地の一室で昨年11月中旬、31歳の女性の遺体が発見された。死因は餓死か衰弱死とみられ、死後1~2カ月経っていたという。

報道によると、この女性は約4年前に生活保護の相談で区役所を訪れたものの受給には至らず、最近は「お金がない」と親族に訴えていたという。経済大国といわれる日本だが、餓死や孤立死などの悲惨なニュースは絶えることがない。生活保護に対する風当たりは強まり、行政による窓口対応の問題点も指摘されている。

若者のホームレスが増えている。見た目は小奇麗で普通の生活をしているように見えるが、いわゆる宿なし状態の都会人が急増しているのだという。

実家に頼りたくても、実家が被災したり、この不況の煽りで家計がかんばしくない状況で、頼れる実家がない若者が、ネットカフェや友達のアパートを転々とする日常が生じている。

僕の近隣でも、行方が分からず連絡がとれない若者が増えている。そう言えば私立高校などで、同窓会名簿作成のため、卒業生の実家にはがきを出すと、半数以上が所在不明で戻ってくるらしい。ゆゆしき状況だ。

都会での孤独死は、老人だけの問題かと思っていたが、若者世代の孤独死も出てきている。仕事がないのではなく、仕事につけない若者がいる。なぜだろうか。

身体に現れる障害ならば見てわかるかも知れないが、心の傷や障害はわかりづらい。理解されず、放置される生活困難者も多いのではないだろうか。

「あんたは若いんだから、いくらでも働く場所はあるだろう」そんな言葉を浴びせられたら、ますます殻に閉じこもってしまう。うつ状態に陥ってしまえば、精神論を言われれば言われるほど、一歩が踏み出せなくなってしまう。

生活保護を若者がもらうのはけしからん的な声が多い。しかし国民の基本的人権は守られなければならない。生きる権利は憲法で間違いなく保障されている。

本当に支援されなければならないものが支援されず、困窮したままではいけない。本当は働けるのに働かない若者の存在が、働くことが困難な若者の存在を危うくしてしまっている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します。

« 夢の預かりもの | トップページ | さあ本番だ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 夢の預かりもの | トップページ | さあ本番だ! »