最近のトラックバック

« やんごとなき時代だけれど | トップページ | 塾からの事務連絡 »

2013年12月24日 (火)

祈り

先日の日曜日は、家内が主催するシュタイナーこども教室、風と虹のクリスマス会だった。

アドベントガーデンに使う杉の葉やひのきの葉は、京都や青森から送られたものである。震災以後の放射能の影響を心配して、青森、そして兵庫でシュタイナーの学びを実践している方が、わざわざ送ってきてくれたものだ。

229d38a675838afdadc3a7d27a368e7d7b7

自宅の座敷が教室になっているのだが、日曜日は静謐な祈りの場となり、僕がライヤーを奏でる中、子どもたちやお母さん方が、りんごに灯したろうそくを手に冬の夕暮れ時、静かな光に包まれた。

Bcfabfpcmaa7opu_2

サンタさんが元気にメーリークリスマスを連呼するクリスマスもいいが、静かに内観するクリスマスもいいものだ。

小学生も高学年になると、クリスマスはプレゼントをもらう行事に形骸化してしまうが、春までの厳しい季節、僕らの生命がどうか輝き続けることを、神に祈る人間の営みが、本来のクリスマスではないだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« やんごとなき時代だけれど | トップページ | 塾からの事務連絡 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈り:

« やんごとなき時代だけれど | トップページ | 塾からの事務連絡 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ