最近のトラックバック

« 予知ができていいねと言われるけれど・・・ | トップページ | 失われた60年 »

2013年11月27日 (水)

読了まで40年かかった歴史小説

中学校時代に読もう読もうと思っていて、40年近くも読まずじまいだった歴史小説があった。山本周五郎の『樅の木は残った』である。伊達騒動を題材にした、山本周五郎渾身の時代小説である。

一関藩主の伊達宗勝が悪役として登場するのが、心情的に読むことを自分が拒んだのか、単に長すぎるので読まなかったのか、長い年月が経って、当時の自分を正確に思い出すことが出来ないのだが、40年の歳月を経て、本日読了した。

主人公が死んで終わるのが、たいての時代小説であるが、この作品も御多分にもれず、主人公の原田甲斐は討ち死にし、伜や孫までが死罪となり、原田家は消滅して作品は終わる。 

伊達62万石は救われ、伊達藩の分割を企んだ一関藩主宗勝は土佐に流され、小説は幕を閉じる。

一関藩の城だった釣山は、現在一関の花の名所として春は桜、夏は紫陽花が城跡を華やかに飾る。現在の釣山公園は、平安時代、安倍貞任の弟である家任が砦を築き、古来は坂上田村麻呂が 東夷東征の際陣を張った所だったと云われ、鎌倉時代以降は葛西家の統括地であった。

戦国の世を経て、伊達政宗が一関を仙台藩に組み入れるのであるが、政宗の子伊達宗勝が父より分知を受け一関藩を開く。その 伊達宗勝(むねかつ)は伊達騒動により土佐に流され、田村建顕が再興する。それが田村藩の始まりとなる。

『樅の木は残った』を読むと、とても切ない気持ちになる。封建の世とは言え、殿様が失脚すると、その子どもや孫、家族全てが死罪となる状況は、読んでいて本を閉じたくなってしまう。

よちよち歩きの子どもまでが打ち首というのは、本当にいやな時代だ。かつて平家が幼子の源頼朝を生かしたばかりに、反逆にあって滅亡させられてからは、それを教訓として、家系をまるごと断罪することがならわしとなった。

哀しいかなである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します

« 予知ができていいねと言われるけれど・・・ | トップページ | 失われた60年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読了まで40年かかった歴史小説:

« 予知ができていいねと言われるけれど・・・ | トップページ | 失われた60年 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ