最近のトラックバック

« アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス歌唱指導法 | トップページ | 美しさに呆然とした »

2013年10月 4日 (金)

気配りとは

気配りはあらゆる商売の基本だろうと思う。

僕は経営のノウハウを知らないし、ソロバン勘定もなかなかはじけない人間だけれど、相手の感情や気持ちの状態を受け取る能力には少し自信がある。

相手から学ぶ姿勢を崩さないかぎり、多くの情報が入ってくる。別に相手の思考など読む必要はない。真摯に学ぶ気持ちがありさえすれば、接する相手が先生となり、いろんな情報を与えてくれるものだ。

簡単に言ってしまえば、謙虚であることが時流の状況を察知するコツだろうと思う。謙虚であるためには、気配りが必要だ。気配りをするためには、謙虚でなければならない。

そのためには相手の必要な情報を惜しみなく与えることだ。そこに共生が生まれる。出し惜しみは自分のエネルギーを枯渇させてしまうということを肝に命じるべきだ。

情報はお金だと多くの人が言う。しかし無償で与える情報は、その数倍の情報を伴って戻ってくる。これは運にも言えることだ。

困っている人がいたら助けてあげる。それは至極当然のことであって、そこに打算が生じるのは、人間として未熟ではないが、運を喪失していることは否定出来ないだろう。

結局、気配りというものは、愛であり、危機管理だろうと僕は思っている。打算なき気配りは、運を向上させる原動力だと僕は思っている。

気配りとは、相手を思いやること。人は思いやってもらうことで、自分に自信がつく。しいてはそれが自分の自信にもなり、運の向上にもつながる。

先生と呼ばれる立場の人間は、学問や技術を教える人間だけれど、資格を取らせたり、合格に導くことが最優先課題ではなく、生きる自信をつけさせ、その人の持っている運を呼び起こさせることが先生と呼ばれる人間の1番の使命だと僕は考えている。

そのためには気配りが必要だ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します

« アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス歌唱指導法 | トップページ | 美しさに呆然とした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/53481770

この記事へのトラックバック一覧です: 気配りとは:

« アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス歌唱指導法 | トップページ | 美しさに呆然とした »