最近のトラックバック

« 疲れた日もある・・・ | トップページ | おやじのライト »

2013年9月10日 (火)

自滅の道だけはたどって欲しくはない

下記の毎日新聞の記事は、数字の正確さはさておいて、ここまで書いてくれるとマスコミもようやく頑張っているねという感がする。どこぞの野球軍団を有する新聞社には書けない記事だろう。

オリンピックの開催が決まり、どの新聞各社も、歓喜の様子を伝えているが、開催のために賄われるお金が、また税金や借金かと思うと、ゲンナリだ。

ところでうちの愚息が、「漫画AKIRAって知っている」と、夕食の時に話を振ってきた。

「登場人物に我が家の苗字と同じ少年が出て来るやつなだ」と僕。

「へぇ~知ってんだ」と倅。

話を聞くと、このAKIRAのなかで東京オリンピックが2020年に開催されることになっていたらしい。予言だとか言って、ネット上で話題になっているらしいのだ。

過去形で書いたのは、その前の年に東京が核で消滅するというストーリになっている。原発の再稼動を政府は容認する状況のようだが、核戦争もご遠慮申し上げたいが、自滅の道だけはたどって欲しくはないと思うかねごんである。

(以下転載記事)

毎日新聞 9月9日(月)21時7分配信

<安倍首相>汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い

安倍首相が言及した「0.3平方キロ」のエリア

 安倍晋三首相が、7日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会の五輪招致プレゼンテーションで、福島第1原発の汚染水問題をめぐり、「完全にブロックされている」「コントロール下にある」と発言したことについて、「実態を正しく伝えていない」と疑問視する声が出ている。

【汚染水、首相は最終プレゼンでこう説明した】

 9日に開かれた東京電力の記者会見で、報道陣から首相発言を裏付けるデータを求める質問が相次いだ。担当者は「一日も早く(状況を)安定させたい」と応じた上で、政府に真意を照会したことを明らかにするなど、認識の違いを見せた。

 防波堤に囲まれた港湾内(0.3平方キロ)には、汚染水が海に流出するのを防ぐための海側遮水壁が建設され、湾内での拡大防止で「シルトフェンス」という水中カーテンが設置されている。また、護岸には水あめ状の薬剤「水ガラス」で壁のように土壌を固める改良工事を実施した。

 しかし、汚染水は壁の上を越えて港湾内に流出した。フェンス内の海水から、ベータ線を出すストロンチウムなどの放射性物質が1リットル当たり1100ベクレル、トリチウムが同4700ベクレル検出された。東電は「フェンス外の放射性物質濃度は内側に比べ最大5分の1までに抑えられている」と説明するが、フェンス内と港湾内、外海の海水は1日に50%ずつ入れ替わっている。トリチウムは水と似た性質を持つためフェンスを通過する。港湾口や沖合3キロの海水の放射性物質は検出限界値を下回るが、専門家は「大量の海水で薄まっているにすぎない」とみる。

 さらに、1日400トンの地下水が壊れた原子炉建屋に流れ込むことで汚染水は増え続けている。地上タンクからは約300トンの高濃度汚染水が漏れ、一部は、海に直接つながる排水溝を経由して港湾外に流出した可能性がある。不十分な対策によるトラブルは相次ぎ、今後もリスクは残る。「何をコントロールというかは難しいが、技術的に『完全にブロック』とは言えないのは確かだ」(経済産業省幹部)という。

 安倍首相は「食品や水からの被ばく量は、どの地域も基準(年間1ミリシーベルト)の100分の1」とも述べ、健康に問題がないと語った。厚生労働省によると、国内の流通食品などに含まれる放射性セシウムによる年間被ばく線量は最大0.009ミリシーベルト。だが、木村真三・独協医大准教授は「福島県二本松市でも、家庭菜園の野菜などを食べ、市民の3%がセシウムで内部被ばくしている。影響の有無は現状では判断できない」と指摘する。【鳥井真平、奥山智己】

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します

« 疲れた日もある・・・ | トップページ | おやじのライト »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

う~ん、オリンピック開催決定で国際社会(しかし、アメリカやフランスは原発推進国なんですが)の圧力が強まって、日本政府が原発問題(汚染水問題)にきちんと取り組むんじゃないかとか、経済が良くなるとか、「脱原発」な人たちまでそんなことを言い出していますが、ちょっと甘いんじゃないかと思います。そもそも、原発を日本に売りつけたのはアメリカじゃないんですか(もちろん、買った日本も悪いですし、今の空気って何か良いものとは思えない)?

(かねごん)
大河様コメントを頂きありがとうございます。
被災して仮設住宅に入っている方々は、はっきりと言っていますよ。オリンピックにお金を使う前に、復興にエレルギーを注いで欲しいと。
マスコミには反映されませんけどね。

こんにちは、学び舎です。

「AKIRA」で、2020年の東京オリンピック開催を設定していたとは、驚きです。単行化されたされた全六巻を読みましたが、すっかり忘れていました。ちなみに主要人物の一人は「金田正太郎」くんです。作者の大友克洋氏が鉄人28号のファンで、それにちなんでキャラクターのいくつかを、名づけているとウィキペディアに出ていました。

それにしても、なつかしいなあ大友マンガ。

(かねごん)
小林先生コメントをありがとうございます。
ジブリの映画も予言めいているという方がいますし、芸術家というのは、何かキャッチしているのかも知れませんね。
AKIRAの登場人物、うちの息子と名前が似てたんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自滅の道だけはたどって欲しくはない:

« 疲れた日もある・・・ | トップページ | おやじのライト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ