最近のトラックバック

« 快楽の餌 | トップページ | 中年オヤジの遠吠え »

2013年9月 1日 (日)

孤独癖

孤独が忍び寄ってくる年齢になった。僕はどちらかというとそのことを肯定的に捉えている。生きることに急ぐ必要はないけれど、やり過ごしてきた多くの残骸を俯瞰する時、ふとため息をつくとともに、懐かしさに心の隙間が充足する瞬間がある。

街に繰り出して酒を飲むなんてことは、年に数回もない。昔から人付き合いの悪い僕は、知らぬ間に本を片手にジャズを聴いている。孤独癖というと体よく聞こえるかもしれないが、単なる変人かも知れない。

老いた僕の母は、時々猫と会話をしている。50を過ぎた僕も、そんな母の気持ちがなんとなく分かるような気がするこの頃だ。最近街で猫を見かけると近づいて話しかけてみる。かつては逃げてしまった猫達が、近頃は逃げないで僕に擦り寄ってくる。猫たちにも何か通じるものがあるのだろうか。

塾にやって来る小学生に、おばあさんやおじいさんの年齢を聞くと、僕と変わらない年齢だったりする。いつの間にかそんな年になっていた自分に驚くとともに、なぜか不思議な安堵感を覚えるこの頃だ。

今年も9月になった。市内の高校は昨日、今日と文化祭のところが多い。秋になると聴きたくなるのがアート・ペッパーのサックスだ。

ペッパーのサックスを聴いていると、様々な人生の色がにじみ出てくる。録音した時代時代で、これほど音の陰陽が変遷するジャズプレーやも珍しい。しかしそれでも、ジャズ喫茶やラジオから流れてくるペッパーのサックスは、一発でわかるから不思議だ。

昨夜の大雨と打って変わって今日の空は綺麗な秋空だ。どうぞペッパーのサックスを堪能してください。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します

« 快楽の餌 | トップページ | 中年オヤジの遠吠え »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孤独癖:

« 快楽の餌 | トップページ | 中年オヤジの遠吠え »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ