最近のトラックバック

« 塾創立以来のはじめての記載拒否 | トップページ | 変えられないのは、無知で愚かだからだ »

2013年8月 9日 (金)

梅雨明けとともに夏が来た

一関は3日前にようやく梅雨明け宣言が出され、今年の夏、はじめての30度超が続いた。教室もクーラーがようやく全開である。

我が家の田んぼもようやく穂が出てきた。一安心だ。

2013030717400000


塾の小学生の女の子から暑中見舞いのハガキをもらった。お天道さまがギラギラだ。エネルギッシュだ。日本ではたいてい太陽は赤だ。世界によっては子どもたちが、黄色の太陽を描く国も多い。

太陽は赤い色がやっぱりいい。黄色の太陽はなんとなく落ち着かない。国旗の影響だろうと思うが、赤がしっくり来る。

朝から大ゼミが鳴いている。夏期講習会も中盤戦、一向に減らない宿題の量に辟易している生徒達も多いと思うが、ここは踏ん張りどころだ。

いや生徒だけではない。僕も踏ん張りどころだ。

例年のことだけれど、朝9時から夜10時まで、教室に缶詰状態の僕だが、今年の夏は今までとはちょっと違う。生徒がちょっといなくなった時間は、ジャズタイムだ。例の手作りのスピーカーから癒しの音が、僕の疲労を軽減してくれる。

さて今日も暑くなりそうだ。頑張るか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します

« 塾創立以来のはじめての記載拒否 | トップページ | 変えられないのは、無知で愚かだからだ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明けとともに夏が来た:

« 塾創立以来のはじめての記載拒否 | トップページ | 変えられないのは、無知で愚かだからだ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ