最近のトラックバック

« しつこいようですが、僕は待っています | トップページ | 藤圭子さん追悼 »

2013年8月22日 (木)

5億円の寄付

 【河村能宏】東日本大震災の復興支援のため昨年、1年間の期間限定で16年ぶりに再結成した女性ロックバンド「プリンセスプリンセス」が、主にコンサートで得られた収益約5億円を、義援金として被災地に寄付することを決めた。

 コンサートは11月の仙台公演を皮切りに、3カ所8公演を実施。計15万人を動員した。義援金は第1弾として、岩手と宮城、福島の3県に各5千万円、看護師を目指す人への通信講座を開く福島県郡山市の専門学校に2千万円を寄付することを決めている。

 残りの送り先についてメンバーは「プリンセスプリンセスの5人に、そして皆さんとの出逢(であ)いをくれ今なお、強い絆で結びつけてくれている、『音楽』に、感謝と恩返しを込めた、未来に続く、私達(わたしたち)なりの支援を考えております」とのコメントを出している。朝日新聞

 5億円を義援金として寄付とは、プリンセスプリンセスには頭がさがる。震災後は多くのビックアーチストが被災地に訪れコンサートをやり、被災地に音楽を届けてくれた。

しかしこれから被災地に本当に必要なのは、現実としてお金だ。震災で家や会社を失い、仕事が無い多くの方々のために、本当に必要なのはお金だ。そのお金も、赤十字やお役所関連の団体への寄付ではなくて、ピーポイントの義援金が必要な時期に入っている。

看護師を目指す人への通信講座を開く福島県郡山市の専門学校に2千万円を寄付する今回のプリンセスプリンセスのような支援が、多くの意義ある社会支援に繋がっていく。

昨日塾にテレビを観る環境がない僕は、一関市役所のロビーに花巻東の試合を観戦に行った。市役所に立ち寄ったついでに野球を見ていた方もいたようだが、僕のようにテレビがなく、わざわざ見に来ていた方がかなりいたような気がする。

もちろん僕の場合は、僕なりの考えがあってPCやテレビを身辺に置いていないわけだが、服装や手にしているビニール袋の摩耗の様子が、生活の大変さを物語っている方々が何人かいらっしゃった。

一関には沿岸の町で被災した多くの方々が移住して来ている。震災の傷跡は無くなってきた一関ではあるが、市内には仕事がない。夜も8時を過ぎるとメインストリートはゴーストタウンだ。

特にお盆が終わり、急に人がいなくなった田舎町は、そのコントラストが強烈だ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します

« しつこいようですが、僕は待っています | トップページ | 藤圭子さん追悼 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5億円の寄付:

« しつこいようですが、僕は待っています | トップページ | 藤圭子さん追悼 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ