最近のトラックバック

« 中学1年生の英語事情 | トップページ | 梅雨明けとともに夏が来た »

2013年8月 9日 (金)

塾創立以来のはじめての記載拒否

2013031214430000

塾の指導室に設けている合格祈願の祭壇だ。完全なる神仏混合のカオスである。平泉の達谷の窟の御札がメインだが、駒形神社の絵馬、中尊寺の御札、竜神、そして手作りの鳥居と賑やかさが取り柄の祭壇である。

そもそも僕は、教会や神社仏閣は、神様に続く様々な入り口のひとつに過ぎないと思っているので、あまり気にしない。行き着くところは同じだと思っている。

夏休みに入って、合格絵馬への名前の記載を、塾の受験生にお願いしているのだが、昨日塾創立以来、初めて中3の男子生徒に、名前の記載を断られた。

彼のポリシーだろうから、僕は了解したが、それはそれで爽快な気分を僕は味わった。

自分の名前を、軽々しく公表してたまるかという気概を僕は彼に感じた。

お昼時の蕎麦屋さんなどで、会社のネームプレートをつけたままで食事をとっているサラリーマンやOLを見かけるが、僕は非常な違和感を覚える。それってなんか変じゃないだろうか。そう思うのは僕だけだろうか。

市内の中学校では、一関附属中学校だけが、放課後の帰宅時にはネームプレートを外させているが、妥当な学校側の判断だと思う。

名前は公共の場で晒すものではない。危険が蔓延している現代社会では当然のことだと思うが、いかがなものだろうか。

ただし学校内では、小学校や中学校だけではなく、高校でもネームプレートを付けて欲しいと思う。なぜなら年をとってもうろくしてきた僕などは、なかなか名前が覚えられないからだ。これって僕の切実な願いです。ハイ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します

« 中学1年生の英語事情 | トップページ | 梅雨明けとともに夏が来た »

コメント

いつも楽しく拝見しています。

ちょっと、別の話題になりますが、先日、夢の中に、子供たちを指導するかねごん先生の後姿が出てきて、なぜかその教室に私がいるのですが
急に河のような真っ黒な水から、金色の龍が現れて、私のほうにスーッと
来たのです。そのあと、小さな龍になり私のペットのように側についているという
不思議な夢を見ました。

これって、縁起がいいのでは?と勝手に思っているのですが
先生はどうお感じになりますか?
朝、おきた後でも、龍が側にいる感じがしています。

(かねごん)
もぐ様おはようございます。コメントを頂きありがとうございます。
夢に金の龍が現れましたか。凄いですね。
間違いなく金運が上がると思いますよ。ロト6などはいかがでしょうか。
やあ~うらやましい。僕のところにも金龍が来て欲しいですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塾創立以来のはじめての記載拒否:

« 中学1年生の英語事情 | トップページ | 梅雨明けとともに夏が来た »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ