最近のトラックバック

« 偶然を装った必然 | トップページ | 鬼嫁の一言 »

2013年8月15日 (木)

 「映画『風立ちぬ』なかでのタバコの描写について苦言

禁煙運動を推進するNPO法人「日本禁煙学会」が、宮崎駿監督のアニメ映画「風立ちぬ」に提出した要望書がにわかに注目を集めている。

 アニメ中に出てくる喫煙シーンが「条約違反だ」と主張しているが、インターネット上では逆に、「ひどい」「おかしい」と禁煙学会への批判の声が多数上がっている。

■「未成年者の喫煙助長し、国内の法に抵触のおそれも」

 禁煙学会の要望書は2013年8月12日付で、内容は以下の通りだ。


  「映画『風立ちぬ』なかでのタバコの描写について苦言があります。現在、我が国を含む177か国以上が批准している『タバコ規制枠組み条約』の13条であらゆるメディアによるタバコ広告・宣伝を禁止しています。この条項を順守すると、この作品は条約違反ということになります」

 要望書では喫煙シーンを挙げ、とりわけ「肺結核で伏している妻の手を握りながらの喫煙描写は問題です。夫婦間の、それも特に妻の心理を描写する目的があるとはいえ、なぜこの場面でタバコが使われなくてはならなかったのでしょうか。他の方法でも十分表現できたはず」と指摘している。

 また、学生が友人にタバコをもらうシーンが未成年者の喫煙を助長し、国内の「未成年者喫煙禁止法」にも抵触するおそれがあるとも書かれている。


 
要望書は「企業の社会的責任がいろいろな場面で取りざたされている昨今、貴社におきましてもぜひ法令遵守をした映画制作をお願いいたします」「映画制作にあたってはタバコの扱いについて、特段の留意をされますことを心より要望いたします」とのお願いで締められている。(J-CASTNEWS)

日本の法規則の矛盾点は星の数ほどあるが、大麻を禁止してタバコを産業として許している状況というものは、僕は不思議でしょうがない。タバコと大麻の主成分を少し研究すれば分かることだが、明らかにタバコの方が害があり、大麻の発がん性の方が低い。かと言って大麻を薦めるわけではもちろんない。

タバコのために年間どれほどの方が肺がんで亡くなっているだろうか。タバコは文化であると語る知識人もいるわけだが、人類にとっては不必要なものだ。健康にこれほど有害なものを国が産業として認めること自体がおかしい。

葉たばこ農家の生活を守るためとかなんとか、無茶な言い訳が聞こえてくるわけだが、だいたいそんなことを言っている役人は、農業をやった経験などないだろうし、あんなしんどい農作業をなりわいとするより、もっと人間を豊かにする農業はいくらでもある。

税金を搾取したいがために、一体どれだけの人間を犠牲にすれば気が済むのだろうか。

今回のジブリ映画に対する日本喫煙学会の批判は、度を越した越権介入で、芸術の自由を侵害するものだという声が多いが、子どもが見る映画で、タバコをウマそうに吸っている光景は、やっぱりNGだろうと思う。

東京電力福島第一原子力発電所から放出されたセシウム等の放射性物質は間違いなく東北の葉たばこを汚染している。葉たばこは食料品ではないので、100ベクレル基準の蚊帳の外だ。肺がんになる確率が数倍になっていると指摘する見識者の声は多いが、いつものごとくテレビやマスコミは黙殺だ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ僭越ながら教育ブログランキングに参加しております。よろしければ応援の一押しをお願い致します

« 偶然を装った必然 | トップページ | 鬼嫁の一言 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  「映画『風立ちぬ』なかでのタバコの描写について苦言:

« 偶然を装った必然 | トップページ | 鬼嫁の一言 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ