最近のトラックバック

« 人類最大の弱点は愛だ | トップページ | 3.11の記憶が鮮明に蘇った »

2013年8月 4日 (日)

コーヒを飲む人は自殺率が低くなる

毎日、数杯のコーヒーが命の救済者となる?!と聞けば、かえって逆ではないのと思うかもしれませんが、ある調査結果では本当にそういう結果が導き出されました。

【コーヒー好きの女性がキレイなワケ】

Harvard School of Public Healthの栄養学科の調査によると、1日に2杯から4杯のコーヒーを飲む人は、それより少ない、またはカフェイン無しのコーヒーを飲む人やまったく飲まない人より自殺する確率が50%も低くなるということ。

カフェインは、中央神経システムを刺激するだけでなく、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンとを含む神経伝達物質の分泌を促すことで、ゆるやかな抗うつ剤のような役割を果たしていると考えられています。

しかし、すでにうつ気味の人が、カフェインの摂取を増やすことはお勧めできないと語ったMichel Lucas女史。 

むやみにカフェイン量を増やすことは、身体に悪い副作用をもたらす結果になるためです。

この調査は、米国で行われた3つの大きな長期調査のデータを基にしており、総計20万人以上が対象となっています。コーヒーを飲む習慣については4年ごとに統計が取られました。

※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。(ニフティ・NEWS)

なんでもそうだが、飲み過ぎはよくない分だが、一日2,3杯のコーヒーは僕の身体を覚醒してくれる。

朝コーヒー豆をミルで挽き、じっくり鉄瓶のお湯を注ぎ、僕のいつもの一日が始まる。これにジャズが加われば最強だ。たいていの憂鬱は飛んでいく。

適量のブラックコーヒーは、糖尿病や癌の予防にもなると言われている。ましてや今日の記事のように、抗鬱剤の効能もあるとなれば、まさにコーヒーさまさまである。

さあ今日から夏期講習後半戦、中3の勉強会がお盆までつづく。コーヒーを飲んでいざ出陣だ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ教育ブログランキング参加中。応援の一押しをよろしくお願い致します。

« 人類最大の弱点は愛だ | トップページ | 3.11の記憶が鮮明に蘇った »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒを飲む人は自殺率が低くなる:

« 人類最大の弱点は愛だ | トップページ | 3.11の記憶が鮮明に蘇った »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ