最近のトラックバック

« 関ヶ原の探訪 | トップページ | 円空仏との邂逅 »

2013年7月11日 (木)

高所恐怖症との戦い

今回の名古屋・岐阜への旅は往復飛行機だった。当日の花巻は23度、名古屋は連日38度の猛暑日だった。

僕は自他共に認める高所恐怖症。時間の都合上飛行機の旅と相成ったわけだが、離陸して10秒後、僕は飛行機を選択したことに完璧に後悔していた。

心臓はバクバク、耳鳴りはマックス、そしてめまいがする高度。15分以上目を開けられず、過呼吸にならないように、神に祈るばかりだった。

なにせ僕は4階以上のフロアーでは、仕事が出来ない状態になるほど、高い所が苦手だ。外の風景が見えなくても不安に苛まれる。

目を開けたのは、美しい客室乗務員の方がコーヒーを持ってきてくれたからだったが、13000メートル上空で飲むコーヒーはハラハラドキドキの味がした。

新潟上空を過ぎ、松本に近づいた頃、幸運にも雲間から富士山を見ることができた。この時ばかりは恐怖も安らぎ、富士の威厳に見とれていた。

Dsc_0831


名古屋空港に着いた僕は、迎えに来て頂いた、上野塾の上野先生、学心塾のとよ爺先生、志道館学園の美川先生、四畳半スクールの永田先生、そして向上館の熊谷先生らの熱烈な歓迎を受け、感動の照れ隠しで、ニンマリとしていたのだが、帰りの飛行機のことを考えると、冷や汗のかねごんであった。

2013030717400000

今回乗った飛行機は、写真では大きく見えるのだが、横幅はスクールバスほどの飛行機で、雲の中に入ると揺れが半端じゃない。

僕には電車が一番ほっとする。いやそれ以上に軽トラックがほっとする(笑い)。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ教育ブログランキング参加中。応援の一押しをよろしくお願い致します。

大験セミナー夏期講習のご案内

« 関ヶ原の探訪 | トップページ | 円空仏との邂逅 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高所恐怖症との戦い:

« 関ヶ原の探訪 | トップページ | 円空仏との邂逅 »