最近のトラックバック

« シュタイナー・アントロポゾフィーの風 | トップページ | う・・・眠い »

2013年6月 5日 (水)

親馬鹿ではあるが

運動部の高校3年も県の高校総体が終わり、部活が終了した生徒も多い。今後は進学・就活に向けて、高校生活の総決算へ向かう。

2013042716510000

我が愚息も、先日の団体戦が終わり引退だ。1年の新人戦の時は、たった1人の部員のため、団体は出ることが出来なかったが、こうやって最後の試合を、後輩に助けられ出場できたことは、彼にとって忘れられない想い出となるだろう。

観客席から眺めていた僕は、不覚にも涙があふれてきてしまった。

試合が終わり、帰宅してきた息子は、ほんとに晴れ晴れとした様子だった。「終わったよ」という彼の言葉には、やり尽くした満足感があふれていた。

高校の卓球は終わったが、今後も何らかの形で続けて欲しいと思う、親馬鹿かねごんである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ教育ブログランキング参加中。応援の一押しをよろしくお願い致します。

« シュタイナー・アントロポゾフィーの風 | トップページ | う・・・眠い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親馬鹿ではあるが:

« シュタイナー・アントロポゾフィーの風 | トップページ | う・・・眠い »