最近のトラックバック

« 吉兆の印? | トップページ | プルトニウムに関しては全く口を閉ざしている »

2013年6月10日 (月)

鷲の飛翔

神奈川県平塚市と言えば、僕が師と仰ぐとよ爺先生がいる街だが、そのとよ爺先生の愛弟子であるGO先生の教室に、生徒さんを通わせているお母さんのMさんより、震災後多大な支援を頂いた。

見ず知らずの方から、温かい手紙や貴重な支援を頂いたその御恩は、支援という形で地元の子どもたちを支えて行くことで、お返しして行きたいと思っている。

そのMさんから、今日の僕の鳥の記事に関連して、素敵な画像を送って頂いた。

2013042716510000_2


山から舞いあがろうとしている、鷲の姿をしたオーロラの写真である。写真の中の山の形が、昨日登った早池峰の峰とどことなく似ている。素晴らしいエネルギーを発散している画像だ。

実は昨日の登山は大変なことがあった。早池峰は今まで15回登ってきた僕だったが、3時間かけて頂上に着いた瞬間、両足の太ももが痙攣して、つってしまった。激痛で歩くことがままらない状況になった。

緊急事態である。30分ほど痛みが続いたが、頂上に祭られている早池峰権現に回復を祈ってから10分後、家内が出かける前に渡してくれた薬の効力と、早池峰の神様のおかげで、どうにか下山できる状況になった。

3ヶ月前から、早池峰の山開きに備えて、毎日3キロ、1ヶ月で100キロほどの散歩をしてきたにもかかわらず、両足の痙攣そして激痛。そろそろ自分の年令というものを考えなければならないだろうと思う。

画像の鷲のように、羽ばたくことは出来ないけれど、せめて気持ちだけは飛翔続けたいと願うかねごんである。

まだまだギブアップするわけにはいかない・・・・。

Mさん画像からエネルギーをもらいました。ありがとうございます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ教育ブログランキング参加中。応援の一押しをよろしくお願い致します。

« 吉兆の印? | トップページ | プルトニウムに関しては全く口を閉ざしている »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷲の飛翔:

« 吉兆の印? | トップページ | プルトニウムに関しては全く口を閉ざしている »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ