最近のトラックバック

« 復興予算が電力会社の支援に流用されていた | トップページ | 前へ!前へ!前へ! »

2013年6月29日 (土)

イーハトーブの風

2013030717400000


この人は誰でしょう。

答えは宮澤賢治です。

花巻農学校で教員をしていた時の宮澤賢治が、思想的にも童話や詩作の創作意欲に於いても、生涯で1番輝きを放っていたような気がする。この写真には、あの背中を丸めた物憂げな賢治の雰囲気はない。

花巻農学校で教鞭をとる直前、24歳の賢治は愛する妹トシを失い、『永訣の朝』をはじめとする慟哭の作品を書き続けた。5年間の教員生活のなかで書いた童話も数多い。『注文の多い料理店』『どんぐりと山猫』など、賢治独特の世界観が爆発する。

生徒たちに百姓をすることを奨励する自分が、教師をやっていることに矛盾を感じた賢治は、花巻農学校の教員をやめ、農業従事者の道を選ぶのだが、彼の魂は彷徨の晩年に突入する。

2013031214430000

37年の生涯の中で、賢治の作品が脚光を浴びることはなかった。彼の文学の世界は、彼の死後、日本人の魂や感性を代表する作品として、読み継がれてきた。

賢治は輪廻転生を信じていた。彼の魂はいま何を模索しているのだろうか。

最近僕は、賢治の童話集を読んでいる。彼の存在が身近に感じられる。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ教育ブログランキング参加中。応援の一押しをよろしくお願い致します。

大験セミナー夏期講習のご案内

« 復興予算が電力会社の支援に流用されていた | トップページ | 前へ!前へ!前へ! »

宮沢賢治」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。


今回、はじめてコメントさせて頂いたのは・・・
「ドキドキ」ときめいてしまったからです(笑)
大好きな、宮沢賢治です。学生時代何度も花巻の地を訪れました。
かねごんさんの文章から、突然、キラキラ輝く賢治が現れてしまって・・・。
参ってしまいました。ノックアウトです。

賢治に会いに、また花巻に、東北に旅したくなりました。

どうぞ、お身体には充分お気を付け下さい。
いつも、東北の皆様の事を気にかけています。

(かねごん)
おばちゃん講師様コメントを頂きありがとうございます。
震災後宮沢賢治の作品や思想が脚光を浴びています。
賢治の世界観は何時の時代も普遍性をもっていますね。
僕も賢治の作品にまたノックアウトです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イーハトーブの風:

« 復興予算が電力会社の支援に流用されていた | トップページ | 前へ!前へ!前へ! »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ