最近のトラックバック

« 貧困が蔓延している | トップページ | いよいよ来週は早池峰登山 »

2013年6月 1日 (土)

断片

初夏の日ざしの中に佇んでいると、そよいでくる風の匂いや光の反射に、遠い昔の光景や心情が、さざ波のように蘇って来ることがある。

2013031308320000

30年も40年も前の何気ない風景の断片が、脳裏をかすめて行く時、まるで青春の残像が僕に手紙を書いてくれたような、そんな気持ちになる。

過ぎてきた多くの日々が、かけがいのない時間の堆積だったと気づく時は誰にもあるだろう。朝が始まりそして夜がやって来るまで、退屈な1日があったり、嬉しい1日があったりする。

揺れ動く感情の中で、元気さや憂いが錯綜し、いろんな自分が存在していく。空を見上げると今年も5月の空が終わり、夏の空気が山や田んぼや町の中を満たし始めている。

年をとった僕の感性は、少年の頃に感じた原風景を思い出すことが難しくなってきたが、きっとあの頃に感じた光も風も、僕の周りには確かにあって、僕の袖を突っついているだろう。

22歳の若者が、もう若くないと言う感情と、50歳をとうに過ぎた僕が言う若くないと言う感情はきっと違う。でも今日のようなふんわりとした風景の中にいると、肉体の年輪のようなものはどうでもよくなって、20歳の頃の自分や、15歳の頃の自分の存在をふと身近に感じたりする。

どこか時間軸がほつれたような、曖昧な時の放射が真綿のように僕を包み込む。それは遊園地の観覧車の窓にへばりついて、はしゃいでいた息子が、突然大人になって、僕の前に座っているような、そんな感覚だ。

哀しみや辛さや、怒りのような感情も似たようなものかも知れない。実体のない感覚に右往左往する日常も、歓喜する瞬間も、実は今であって、今でないのかも知れない。

5月から6月にカレンダーが替わった。黒や紺の制服が一斉に白いシャツに変わっていく。季節が初夏になったので衣替えをするのではなく、衣替えをするから季節が変わって行くのではないだろうか。

なんだか僕の思考の時間軸も狂い出したようだ・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ教育ブログランキング参加中。応援の一押しをよろしくお願い致します。

« 貧困が蔓延している | トップページ | いよいよ来週は早池峰登山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/51869607

この記事へのトラックバック一覧です: 断片:

« 貧困が蔓延している | トップページ | いよいよ来週は早池峰登山 »