最近のトラックバック

« 発言者の立場が問題だという声が多いわけだが、立場っていったい何だろう。 | トップページ | 教員の悩みの変化 増加項目トップ3 »

2013年6月21日 (金)

2億2000万年ほど後には大西洋が消滅してしまう

地球の地殻の裂け目が新たに発見された。この裂け目から、北アメリカ大陸とヨーロッパ大陸が接近していって、2億2000万年ほど後には大西洋が消滅してしまう、と専門家は予測している。

 イベリア半島沖の海底の地図が新たに作成され、新たな沈み込み帯が形成されつつある可能性が確認された。

 沈み込み帯は、地殻を形成しているプレートが互いに衝突してできる。衝突した2つのプレートのうち、重いほうの端が軽いほうの下に沈み込む。沈み込んだプレートは、地殻のすぐ下にあるマントルの中に溶けていく。

 今回発見された新たな沈み込み帯は、プレートの動きが新たなサイクルに入ったことを示している可能性がある。今ある大陸は再び引き寄せ合って1つの超大陸の形成に向かい、一方で今ある海は消滅するとみられる。

 およそ40億年の地球の歴史の中で、こうした超大陸の分離と再形成は、少なくとも3回起こっている。

 地球に今ある大陸は、遠い将来「パンゲア大陸によく似た姿となるだろう」と、研究の主著者であるジョアン・ドゥアルテ(Joao Duarte)氏は言う。パンゲア大陸は、約2億年前に存在した超大陸だ。(ニフティニュース)

2013030717400000

中学の理科の時間に、ゆでたまごを地球に例えると、地球の表面はゆでたまごの表面の薄皮ほどの厚さだと習った記憶がある。

地理の時間に、アルプス・ヒマラヤ造山帯が出来たのは、インド洋のはるか沖にあった大陸がユーラシア大陸にぶつかって出来たものであり、ヒマラヤの頂上はかつて海底だったという話を聞き、地球の流動性に驚いたものだ。

今自分たちが住んでいる地球が未来永劫かわらないという幻想を抱くのは、きっと地球のスパンに比べ、あまりにも人間の寿命が短いからだろうけれど、間違いなくこの星は日々変化している。

たまたまその大転換期に遭遇した生き物たちは、死滅し、あるものは必死の適応をし種を残してきた。

果たして僕ら人類はあとどれくらい、この地球上に存在できるのだろうか。この宇宙の中に、現在の地球と同じような環境の星がどれほどあるかは知るよしも無いが、周りの惑星を見れば、この地球が間違いなく奇跡の星であることは疑う余地もない。

我々人類のためにだけではなく、今後この星の住人になっていくであろう未来の存在者たちのためにも、僕らはこの地球を、人間が吐き出す毒で、破壊してはいけない。

大験セミナー夏期講習のご案内

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ教育ブログランキング参加中。応援の一押しをよろしくお願い致します。

« 発言者の立場が問題だという声が多いわけだが、立場っていったい何だろう。 | トップページ | 教員の悩みの変化 増加項目トップ3 »

コメント

地球には膨大な水があると聞きますが、その多くが海や氷として存在していて、人間が使える水はわずかだと聞きます。地球が平面でどこまでも広がっているんであればまだしも、地球は丸かった、つまり有限なわけで拡大することが当たり前という経済システム自体がもたないのです。CO2による地球温暖化を主張する人たちからそういう話がほとんど出てこないのが不思議ですね。あの人たちも排出権取引をはじめとした環境ビジネスが主体なんでしょうが。アメリカだったらまだしも、ヨーロッパはそういう形でしかもうお金を稼ぐ手段がないんでしょう。原発だって核燃料サイクルは既に破綻していますし。

(かねごん)
大河様コメントを頂きありがとうございます。地球の住人として謙虚になることが、地球にたいする優しさのような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2億2000万年ほど後には大西洋が消滅してしまう:

« 発言者の立場が問題だという声が多いわけだが、立場っていったい何だろう。 | トップページ | 教員の悩みの変化 増加項目トップ3 »