最近のトラックバック

« 今日は5月5日 | トップページ | 想いの反映 »

2013年5月 5日 (日)

須川岳に沈む夕陽

須川岳に夕陽が沈んで行く。この光景を人生で何度眺めてきただろうか。

2013030717400000


きっと連休で故郷一関を訪れた多くの方々が、今日のこの夕陽を目にしただろうと思う。田植えを前にした田んぼには、水がはられ、新緑の山に大きな太陽が消えて行く。

この大地の中で生きてきた自分の、過去と現在と未来が、この一瞬に溶け込んで行くような錯覚を僕は覚える。

僕の残された人生は後10年だろうか、15年だろうか。こんな夕陽に出会うのはもう10回もないかも知れない。

僕の大好きな宮沢賢治は37歳という若さで他界した。生きた長さではなく、生きた質量の問題だ。

この時代は、パサパサと軽い音がする。まるで立ち枯れた木々の枯葉のようだ。落ちることも出来ず、しがみついたまま風化していく。

生き抜けば、必ず僕らは大地に帰る。自分の人生を立ち枯れさせてはいけない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ教育ブログランキング参加中。応援の一押しをよろしくお願い致します。

« 今日は5月5日 | トップページ | 想いの反映 »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須川岳に沈む夕陽:

« 今日は5月5日 | トップページ | 想いの反映 »