最近のトラックバック

« 魔法の言葉 | トップページ | ジョン先生がやって来た »

2013年4月28日 (日)

魂の嗜好が乖離(かいり)している

いつも子どもたちや親御さん方のカウンセリングをしている僕だが、たまには自分の悩みも聞いて欲しい。

いつの頃からだろうか、僕の根っ子の部分にある魂がせめぎ合っている。

ハチャメチャにお金を儲けて、人生を謳歌したいと願う魂と、人生を修行僧のような沈着な視線で眺め、お金とは無縁な人生をたじろがず歩めと諭す魂が、僕の中で同居している。

僕は多重人格者ではない。お人好しで、情にもろい、普通のおじさんで、お金は無いよりもあったほうがいいと思っているし、髪も無いよりはもちろんあった方がいいと思っている(笑い・・・)。

ご多分に漏れず、自惚れやすい僕は、自分ぐらい才能があれば、金儲けはお茶の子さいさいと思っている。しかし現実は、お金儲けが下手な野暮なおじさんだ。

正直、気品のあるお金持ちを人生の中で見出してこなかったので、お金もちを尊敬しないどころか、軽蔑に近い感情を抱いていることも事実だ。

お金や経済に関しては、完全に魂の嗜好が乖離(かいり)している。そのことが確実に僕の生き様を、ある意味で厄介なものにしている。

本音とタテマエというぐらいの感覚ならまだしも、僕の魂のトラウマが何に起因しているのか、その闇は深い。

お金を儲けようとすると、魂がブレーキをかけてくる。こんな僕の悩みはきっと可笑しいだろうと思う。

貧乏であることの言い訳にしか聞こえないよな・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ教育ブログランキング参加中。応援の一押しをよろしくお願い致します。

« 魔法の言葉 | トップページ | ジョン先生がやって来た »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魂の嗜好が乖離(かいり)している:

« 魔法の言葉 | トップページ | ジョン先生がやって来た »