最近のトラックバック

« 覚悟をしておこう | トップページ | 名前が2つ »

2013年4月15日 (月)

荒覇吐(あらはばき)神を訪ねて

今日は友人の小林先生と荒覇吐(アラハバキ)の神様を探訪するために、登山をしてきた。

2013031308320000


衣川の月山に登り、荒覇吐の神様を拝した後、束稲山(たばしねやま)の月山神社に向かった。ここにも巨岩信仰の岩倉がある。

眼下には平泉・胆沢・水沢の町が展望できた。焼石連邦が神々しく春の日差しにきらめいていた。こんな風景を見ると、生きているってことをじわじわと実感する。実に素晴らしい。

束稲の後は一関舞川に鎮座する霊山、烏兎ヶ森(ウドガモリ)の岩倉に軽トラックを走らせた。

2013031214430000


巨大な岩倉で、ものすごいパワーを放射するご神体である。実は肉眼では見ることが出来なかったが、写真の下の方に、十字架とその下に土偶のような形をした赤い人形のようなものが写っていた。不思議なこともあるものだ。

ちなみに月山の荒覇吐神の写真は、前回同様今回も、パソコンに転送出来なかった。他の写真は全て転送できたのに、衣川に鎮座する荒覇吐神だけは、転送不能というのはどういうわけだろうか。

最後に訪れたのは観音山の舞草神社(もくさじんじゃ)。舞草刀の発祥の地である。ここにも素晴らしい岩倉が存在する。小林先生の勇壮な姿を紹介して今日はこのブログを終わりたい(う・・・逆光だった)。

2013030717400000

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ教育ブログランキング参加中。応援の一押しをよろしくお願い致します。

« 覚悟をしておこう | トップページ | 名前が2つ »

コメント

こんばんは、学び舎です。

今日は一日ありがとうございました。
前から訪れてみたいと思っていた衣川の月山や舞草神社に足を運ぶことができて、うれしい限りです。

それにしても、烏兎ヶ森の岩倉神社は強烈でした。今日回った中で一番の印象です。あの苔むした石段とせり出した巨岩の光景は、なんだか夢に出てきそうなくらい目に焼き付いてしまいました。

今度はぜひ、北上の国見山一帯を回ってみましょう。

(かねごん)
小林先生本当にお疲れ様でした。
強行軍でしたが、楽しかったですね。
なかなか一人であの異界のパワーの前に立つことは厳しいので、僕こそありがたかったです。
国見山、楽しみです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒覇吐(あらはばき)神を訪ねて:

« 覚悟をしておこう | トップページ | 名前が2つ »