最近のトラックバック

« マリア像 | トップページ | 軽トラックと猫 »

2013年3月13日 (水)

須川岳

2013031214430000

一関磐井町から展望する須川岳である。みちのくのアルプスと称賛されるくらい、雪をかぶった須川岳の姿は美しい。

市内の高校や中学校の校歌の歌詞には、必ずこの須川岳が歌い込まれている。一関市民にとっては、この山は間違いなく精神的な支えである。嬉しい時、悲しい時、いつも須川岳が西の空にそびえ立ち、僕らを癒し、そして鼓舞してきた。

市内の雪がすっかり解け、須川岳のほこらしい雪山が煌きだす季節になると、いよいよ別れの季節だ。

今日は中学校の卒業式。明日は県立高校の合格発表だ。僕と言えば、今夜は申告書類の作成で徹夜となるだろう。いつも合格発表はフラフラの状況で見に行く僕だが、毎年祈る親御さんの気持ちが伝わってきて、僕はうるうるしてしまう。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾ブログランキング参加中。

« マリア像 | トップページ | 軽トラックと猫 »

風景」カテゴリの記事

コメント

帰りたくなりました。今は叶いませんが....。

(かねごん)
shinnkunopapa様、須川岳はいつでも待っています。

きれいな須川の写真を見られてよかった。この時期にこんなにきれいに見られるのは珍しいのでは?どこに住んでいても、故郷の山はありがたきかな。

(かねごん)
tacc様コメントをありがとうございます。
冬の期間、このように綺麗に見える日は、4,5日あるでしょうか。凛とする空気に、心がし~んとしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須川岳:

« マリア像 | トップページ | 軽トラックと猫 »