最近のトラックバック

« 明日3月11日がやってくる | トップページ | 風 »

2013年3月11日 (月)

怒りや悲しみを遠ざける必要などない

塾の前を流れる磐井川も、河川敷の雪がすっかり消え、土手の芝も緑が濃くなってきた。2年前の今日、地震の時、僕はこの写真の反対側の土手下に逃れ、ものすごい揺れが収まるのを待っていた。

(3月9日に撮影したものですが、今日11日はまた一面の雪景色になってしまいました)

2013030208350000_2
震災後1年間は、放射能を恐れ、この河川敷で遊ぶ子どもたちの姿が消えた。

この2年間、被災地の復興を願い、また子どもたちに内部被曝をさせまいと、多くの人達が立ち上がった。家内が主催するシュタイナー教室『風と虹』には、関東地区、九州福岡からボランティアで先生方が何度も訪れて頂き、医療や精神的な支援をして頂いた。

僕のブログを読んで頂いた読者の方からも、全国津々浦々、支援物資や様々な援助を頂いた。心より御礼を申し上げたい。

僕の塾生のご家族も、大船渡や女川で被災し、家や財産をすべて流されてしまったご父兄がいる。また僕のブログを通じ、避難してきたはずの一関が放射能のホッとスポットと知り、さらに九州に引っ越された方もいる。

あの日から時間が止まったままだという人も多いだろう。2年間で喪失感など消えはしない。

今日は各地で鎮魂の祈りが捧げられる。しかし忍耐でこうべを下げる必要はない。怒りや悲しみを遠ざける必要などない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 明日3月11日がやってくる | トップページ | 風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒りや悲しみを遠ざける必要などない:

« 明日3月11日がやってくる | トップページ | 風 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ