最近のトラックバック

« 青春の忘却 | トップページ | 被害者であることを演じてはいけない »

2013年2月 4日 (月)

青春譜

1月になってインフルエンザが猛威を振るっていたが、ようやく沈静化の兆しが見えてきた。

高校3年生は塾も今週限りで、ほとんどの生徒が入試のためのロードに出かける。そして各高校では3年生が自由登校となり、3月の卒業式まで、それぞれが旅立ちの準備だ。

社会人になる者にとっては、この季節が青春時代最後の長期休暇になる。自動車免許の取得に励む者、旅行に出かける者、そして資格の取得に向け、勉学の精神を新たにするもの、それぞれの春が過ぎて行く。

今回の僕の卒塾生の中に、10年間に渡り塾に通ってくれた生徒がいる。今は卒業研究に忙殺されているが、関東に向かう前に、二十歳を過ぎた彼と、酒でも飲みに行きたいと思っている。

春は別れの季節だ。毎年繰り返す刹那さとの葛藤中で、僕は子どもたち見送る。彼らのドラマは始まったばかりだ。夢を見続ける限り青春は色あせはしない。

笑い、涙、怒り、哀しみ、全てが人生の糧になる。皆さんに素晴らしい出逢いの春が訪れますように。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 青春の忘却 | トップページ | 被害者であることを演じてはいけない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春譜:

« 青春の忘却 | トップページ | 被害者であることを演じてはいけない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ