最近のトラックバック

« 僕の読書遍歴 | トップページ | 「年間何ミリシーベルト以下だから大丈夫です」というのは大きなウソ »

2013年2月10日 (日)

日本卓球男子の復活は近い

2012全日本決勝 水谷隼 VS 吉村真晴

昨年の全日本の決勝戦である。水谷の6連覇を高校3年生の吉村が阻止した試合だが、僕はこの試合が、日本卓球の復活の象徴的試合だと思っている。

パワーの中国卓球を制するのは、剛を柔で制する柔らかい卓球が必要だ。しなやかな卓球こそ今後日本が、世界を制する技術だと思う。

昨年のオリンピックは女子が涙の銀メダルを獲得したが、まだまだ中国選手との差は大きい。同じパワー卓球では中国にはかなわないだろう。

日本舞踊や神楽の舞のようなムダのないしなやかな動きが、これからの日本の卓球を世界に復活させる技術だと思う。

舞うようにボールを撃ち、舞うように捉える。かつて世界を制した日本男子卓球の復活は近いように思う。昨年と今年、高校生がタイトルを取ったが、水谷の背中を追いかける若手の台頭が素晴らしい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 僕の読書遍歴 | トップページ | 「年間何ミリシーベルト以下だから大丈夫です」というのは大きなウソ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本卓球男子の復活は近い:

« 僕の読書遍歴 | トップページ | 「年間何ミリシーベルト以下だから大丈夫です」というのは大きなウソ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ