最近のトラックバック

« 魔法使いにはなれない | トップページ | パラドックス的な状況 »

2013年1月27日 (日)

平泉町の柳之御所遺跡で発見されたカエル

「鳥獣戯画」に似たカエルの墨絵 12世紀後半、平泉で出土


 岩手県平泉町の柳之御所遺跡で発見されたカエルが描かれた木片

 奥州藤原氏の政務の拠点があった岩手県平泉町の国指定史跡「柳之御所遺跡」から、擬人化されたカエルが墨で描かれた木片が見つかり、県教育委員会が25日、発表した。国宝「鳥獣人物戯画」(平安―鎌倉時代)に似ており、同時に出土した遺物から12世紀後半のものと推定されるという。

 鳥獣人物戯画を所有する高山寺(京都市)は「擬人化した動物の絵が、同時期に存在していた例は聞いたことがない」と話し、県教委も「当時最先端の都の文化が、ほぼ同時期に平泉まで伝わっていたことを示す貴重な資料。奥州藤原氏について知る手掛かりにもなる」としている。岩手日報

昨日の土曜日の岩手日報の一面トップ記事である。鳥獣戯画は小学校6年生の国語の教科書に出てくるが、カエルのタッチといい、雰囲気が今回出土された木片とそっくりである。近年まれに見る発見だろうと思う。

塾生には周知の事実だが、僕は大のカエルファンである。塾のポストもカエル。教室には怪しげなカエルの置物が点在している。龍神とカエルが好きな不思議なオヤジなわけだが、川べりや池に佇むカエルを眺めているだけで、心が和んでくる。

かねごん先生のブルース魂さん: 大験セミナーわくわく日記

世界遺産に登録された平泉。今後まだまだ驚愕する遺産が出土するだろうと思う。楽しみである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 魔法使いにはなれない | トップページ | パラドックス的な状況 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平泉町の柳之御所遺跡で発見されたカエル:

« 魔法使いにはなれない | トップページ | パラドックス的な状況 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ