最近のトラックバック

« 安倍政権に東北人の思いは伝わっているのだろうか | トップページ | 紀州の梅に、思わずうめ~ »

2012年12月22日 (土)

英語の指導時間は現在の2倍は必要だ

教科書がニューホライズンからサンシャインに代わって、英語が分からないと言って塾に駆け込んでくる中学生が増えた。

中学校の英語の先生方の教え方が良いとか悪いとか、教科書の中身がどうとかの問題ではなく、文科省が提示している指導の時間数及び単元の時間配分が無理なのだと僕は思っている。

過去にもブログで述べたことだけれども、学識経験者の方々が作成した英語プログラムなるものは、成績の上位者に適合したものであって、中間層から下に位置する英語嫌いの生徒たちを全く除外した指導案になっている。

大量の宿題や家庭学習をこなして、ようやく歯車が噛み合う指導案の中身がおかしいのである。

英語は繰り返しの教科である。理科や社会の単元のように、教えることが一変するような学問ではない。中学校の英語を見ていると、例えば過去形という単元があって、現在形や進行形の単元はもう遠い昔の単元という雰囲気が漂うけれども、全てが連動しているのである。

僕は、文科省が求めている英語の学力を中学生に本気で教え込もうとするならば、英語の指導時間は現在の2倍は最低必要だと思っている。

つまり、かなり無茶な詰め込み教育が英語教師に求められているわけで、出来ない生徒を置き去りにしている現状だけを責められる実情は、お気の毒と言いたい。

中学校の三者面談がほぼ終了したが、担任から英語塾に行くことを勧めらる生徒も多いと聞く。複雑な心境だ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 安倍政権に東北人の思いは伝わっているのだろうか | トップページ | 紀州の梅に、思わずうめ~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語の指導時間は現在の2倍は必要だ:

« 安倍政権に東北人の思いは伝わっているのだろうか | トップページ | 紀州の梅に、思わずうめ~ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ