最近のトラックバック

« 障害者を排斥しようという心理も障害である | トップページ | 父の命日 »

2012年12月18日 (火)

東北電力からクロネコヤマト便でパンフレットが送られてきた

東北電力からクロネコヤマト便でパンフレットが送られてきた。

私たちの暮らしと放射能というタイトルがついていた。

放射能の利点が書かれていた。

こんな感じ・・・・

骨粗しょう症の予防のために、骨密度を測定する検査機器に利用されていますとか、

タイヤのゴムに、ガンマ線や電子線を照射すると耐熱性が増し、強く丈夫になりますなど。

そして延々と放射能は安全ですよみたいな文面が続く。

完全に頭が腐っているね。電力会社は。

原子力を日本に導入した自民党が復活して、また調子に乗って、色んな策略を弄して来るのだろうが、自分たちの首を締めていることに気づいていないね。

確かに今まで電気を供給してきてくれたことには感謝はするが、今回の原発の爆発があって、こんなパンフを送ってくる馬鹿さ加減を見ていると、東京電力にかぎらず東北電力もアウトだね。

我家ではテレビが壊れたのを機にNHKを解約したけれど、電力も解約したい気分だね。自転車でも漕いで自家発電でもしようかな、運動不足だし。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします

« 障害者を排斥しようという心理も障害である | トップページ | 父の命日 »

コメント

実際は医療用の放射線機器(レントゲン技師や医師等の指導の下で使われる)と原発事故を比較しても話にならないところは有ると思います。医者が住みたがらないような地域が有るそうですが、そういう地域は本来、人が住んではいけない地域なんでしょう。東海村の臨界事故で放射線が有害で有ることはバレバレですが。

(かねごん)
まっしゅ様コメントを頂きありがとうございます。
過ちを認めようとしない電力会社の態度が、腹立たしいですよ。
権力とお金が、狂わしたのですかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北電力からクロネコヤマト便でパンフレットが送られてきた:

« 障害者を排斥しようという心理も障害である | トップページ | 父の命日 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ