最近のトラックバック

«  年末年始のお休みについて | トップページ | 師走最初の日曜日 »

2012年12月 1日 (土)

奇跡が創造されている

ありふれた日常という表現があるけれど、よ~く考えてみれば、そんなものはない。

毎日毎日が全く違う一日で、たとえ部屋に閉じこもっていても、毎日同じような天気が続こうとも、ありふれた日というのはない。

時の流れは生きとし生きるものを流転させ、降り注ぐ日の光は日々新たな歴史を作っていく。世界のどこかで、宇宙のどこかで、毎日どころか、一瞬一瞬に奇跡が創造され、命が生まれ、命が育まれ、命が召喚されて行く。

喜びの歓喜や、悲しみの慟哭は、人間のまさにありふれた感情の発露ではあるが、宇宙の営みそのものだ。

この時代に生まれた偶然は、実は偶然ではなく、一人一人が目に見えない愛の糸で手繰り寄せられた、宇宙の光や宇宙の意志の織りなすタペストリーであり、絵模様だ。

それが分かれば、他人を傷つけたり排斥することが、自分を傷つける行為でもあることが分かるはずだ。

つずれ織りなす人生の人間模様全てが、一人一人の想いが形作る連続性の絵模様であり、言葉が、視線が、そして想いが錯綜し、現実が構築されて行く。僕はそんなふうに考えている。

ありふれた出逢いも無いし、ありふれた人生なども無い。全てが精密なコンピューターの計算のごとく、人生が彩られて行く。

「俺はこんな人生を望んでなんかいない」そんな声が聞こえてくる。

表面的な意識はそうであっても、無意識(魂)が何かの意図を目的に、ある種の学びを選択している可能性もあるのではないだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

«  年末年始のお休みについて | トップページ | 師走最初の日曜日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡が創造されている:

«  年末年始のお休みについて | トップページ | 師走最初の日曜日 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ