最近のトラックバック

« ミンダナオ島で多数の犠牲者 | トップページ | 受験生のためのスピリチュアルレッスン 2 »

2012年12月 9日 (日)

美川先生の強引な拉致が・・・・

この写真は何でしょうか。

正解は塾の自習室です。芸術性というのか感性の放射というのか、僕は度肝を抜かれた。

この塾の代表は、熊谷先生と言って30代のバリバリの塾屋さん。彼は向上館という塾を熱海で営んでいる。

熊谷先生は『向上館から愛を込めて』というブログを日々アップしていて、全国塾ブログランキングでいつも上位に君臨するブログなのだが、彼が2年前に僕のブログにコメントをくれた。

実は彼は一関市の出身で、ご両親は市内に現在お住まいになっている。その熊谷先生が1年半前に僕の塾を訪れてくれた。酒を交わしよもやま話に花が咲いた。

その記事をアップしたところ、岐阜の志道館の美川先生が、熊谷先生に電話を入れて、強引に拉致し(爆笑)、その出会いがきっかけで、岐阜の上野塾の上野先生との学習特訓が企画されたり、僕のブログの師匠である神奈川県の学心塾のとよ爺先生との交流が深まったりと、ブログが縁で始まった塾屋の輪が広がっていった。

彼は熊谷家のご長男なわけで、地元一関に戻って塾を開講するという選択肢も0じゃなかっただろうと思う。

かくいう僕も、長男の宿命で東京の進学塾を辞めて岩手に戻って来たわけだけれども、こうやって細々ながらも、一関で塾をやらせてもらってきた。

もし熊谷先生のような感性が、一関で爆発したならば、僕のような個人塾は霧散していただろうと思う。

熊谷先生がライバル塾でなかったことに、正直小心者のかねごんは、ほっとしている。

赤を基調とした情熱的な色彩は、きっと熊谷先生の内的情熱を表しているのだろうと思う。先生とは昨年の秋にお会いしてからご無沙汰しているが、ぜひまた近いうちに彼とお逢いし、彼の経営哲学を学びたい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします

 

« ミンダナオ島で多数の犠牲者 | トップページ | 受験生のためのスピリチュアルレッスン 2 »

コメント

かねごん先生

ご紹介頂き恐縮です。。ありがとうございます!

あのコメントをきっかけに輪がひろがり、気付けばもうすぐ2013年…。

はじめてかねごん先生にお会いした時は悩める子羊でしたが、今も尚…日々悩み中です(笑)
ミチノクダマシイで頑張ります!

くま

(かねごん)
熊谷先生早々にコメントを頂きありがとうございます。
先生の芸術性には脱帽ですよ。
僕も熱海に行って熊ごん流アート教室を拝見したいです!


かねごん先生
話題にしてくださってありがとうございます。
しかし、タイトルが…。

先日はとよ爺先生の記事では
「恐怖のいびき男」ですし(涙)

忍者と呼ばれていた頃が
懐かしいです(笑)

(かねごん)
美川先生こんにちは。
先生の軽いフットワークが、多くの出逢いを生んでいます。
正直すごいと思いますよ。
いびきや、拉致ごときで美川イズムは停滞しません。
今後も期待しています!


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美川先生の強引な拉致が・・・・:

« ミンダナオ島で多数の犠牲者 | トップページ | 受験生のためのスピリチュアルレッスン 2 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ