最近のトラックバック

« 知識はまるで物質のようなエネルギーを所有している | トップページ | 僕の来年の夢 »

2012年12月29日 (土)

育ちの良さと、人の良さは一品だが

安倍晋三首相は29日、就任後初の視察先として福島県を訪れ、東京電力福島第1原発などを視察した。首相は記者団に「希望を政策にするのではなく、責任あるエネルギー政策を進めていく」と述べ、民主党政権が掲げた「2030年代の原発稼働ゼロ」目標を見直す考えを示した。産経新聞

危機管理と危機脱出は全く意味が違う。僕と同じ50代の安倍さんを見ていると、彼は修羅場を見たきただろうが、修羅場を実は知らないようだ。

育ちの良さと、人の良さは一品だが、彼は自分の意志で動いている気配を感じない。アメリカや中国の外交に積極的だが、官僚に利用されないことを祈りたい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 知識はまるで物質のようなエネルギーを所有している | トップページ | 僕の来年の夢 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

よく、「無責任な脱原発」と言いますが、それだったら、「責任有る原発推進、又は容認」をして欲しいのですが、そんなこと、出来るわけがありませんから。自民党も第3極も似非脱原発が多い未来なんちゃらにも期待はしていません。官僚なんかより、今のシステムそのものを少し変えないと、意味無いですよ。

(かねごん)
まっしゅ様コメントを頂きありがとうございます。
本当ですね。システムを変えなければなりませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 育ちの良さと、人の良さは一品だが:

« 知識はまるで物質のようなエネルギーを所有している | トップページ | 僕の来年の夢 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ