最近のトラックバック

« 日常からの逃避 | トップページ | 水谷隼が吠える »

2012年11月20日 (火)

倒産件数は約4.4倍に

東京商工リサーチによると、東日本大震災の影響で経営破綻した企業が19日、1001件に達した。内訳は倒産が968件、事業停止や破産準備などが33件。阪神・淡路大震災の発生1年8カ月後と比べ、倒産件数は約4.4倍に上った。
 東京商工リサーチは「津波の被害が広範囲にわたったことに加え、取引先など間接的な倒産が全国に広がった」(情報本部)と分析。中小企業の借入金返済を猶予する中小企業金融円滑化法が来年3月末で期限切れとなることを踏まえ、同社は今後の倒産動向などを注視している。
 破綻企業を業種別にみると、製造業が246件で最多。宿泊業・飲食店などサービス業が235件、卸売業188件、建設業147件、小売業78件となっている。 
時事通信

今回の震災は、津波の大被害もさることながら、目に見えない放射能の恐怖が拍車をかけている。チェルノブイリ原発事故の教訓を生かしたくても、政府やその関係機関は、健康被害がでるまでだんまりを決め込むつもりだし、住民の身体よりも、住民税や固定資産税の収入を心配する自治体の体質が露見したり、あり得ない状況に目が眩む。

大手銀行や東電のような企業は、莫大な税金を投入して救済しようとするが、吹けば飛ぶような会社は、援助のえの字もない。

弱者は常に見捨てられる運命にある。いじめはいけませんとか、他人を思いやりましょうという文科省の言い草が、なぜか虚しく響いてしまうのは僕だけの幻聴だろうか。国の体質が、日常に及んでいるだけではないのだろうか。

これから東北は寒さの厳しい季節を迎える。正念場の会社や個人業者が多いと思う。僕の塾もそうだが、なんとか踏ん張って、冬の時代を乗り越えなければならない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 日常からの逃避 | トップページ | 水谷隼が吠える »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倒産件数は約4.4倍に:

« 日常からの逃避 | トップページ | 水谷隼が吠える »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ