最近のトラックバック

« 一関修紅高校男子バレー27年ぶりの栄冠 | トップページ | とうとうこの日が来た »

2012年11月 6日 (火)

悲しみを癒してくれる薬

ライナス:What's the cure for disillusionment, Charlie Brown?
「悲しみを癒してくれる薬ってどんなものかなぁ」
チャーリー:A chocolate-cream and a friendly pat on the back.
「一粒のチョコレートと背中を友達がポンと叩いてくれることだよ」

080925_085243

二日前、パソコンの前に座っていた高校生の次男が、「スヌーピーのマンガは言葉が深いね~」と言って、僕が学生時代に買い込んでいたスヌーピーの対訳付きのマンガを数冊、部屋に持ち込んでいった。

僕もスヌーピーのマンガは大好きだ。特に上のライナスとチャーリーの会話は心に響く。チョコレートを食べるたびに思い出すフレーズだ。

悲しみを癒してくれるのは、友達のさりげない優しさだ。

久しぶりにスヌーピーのマンガを読みたくなった。学生時代に買った原書対訳付きの版は、黄ばんでヨレヨレになってしまった。ブックオフで探してあれば、塾の教室に置いておこうと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 一関修紅高校男子バレー27年ぶりの栄冠 | トップページ | とうとうこの日が来た »

おすすめの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみを癒してくれる薬:

« 一関修紅高校男子バレー27年ぶりの栄冠 | トップページ | とうとうこの日が来た »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ