最近のトラックバック

« 低線量被曝による白血病のリスク | トップページ | 人生にはタイミングというものがある »

2012年11月 9日 (金)

電話恐怖症

大学4年になってアパートの部屋に電話を入れた。就職活動やらなんやらで必要だろうと思い、バイトで貯めたお金をすべて費やして電話の加入権を買った。

電々公社の時代は、電話がめちゃくちゃ高かった。10万円以上払った記憶がある。30年前の話である。

実はその時の電話が、巡り巡って今、塾の電話になっている。30年間で電話も5回引越しをした。ダイヤルからデジタルになり、そして今は光回線なった。時代の流れを感じる。

ところで僕の電話嫌いは有名だ。かかってくる電話は問題ないのだが、人に電話をかけるのが本当に苦手だ。

『今かけたらまずいんじゃないだろうか』そんな意識ばかりが先行し、なかなか電話をかけられない自分がいる。

小さい頃のトラウマがあるのかどうかは知らないが、電話をかけることにある種の恐怖感さえある。自分では病気だろうと思っている(笑い)。

電話嫌いの僕は、従って周知の通り、携帯電話を持っていない。女房なんかは、ケイタイに着信があると躊躇せず電話をかけるのだが、いつもすごい勇気だと思う。僕には絶対出来ない芸当だ。

電話をかけるのが超苦手な塾教師が、20年以上も塾をやってきたのだから、奇跡としか言いようがない。顔の表情が見えない相手と話をすることが苦手な僕は、何か用事があると、若い頃は手紙をしたためた。

近年はメールということになるのだが、それもパソコンに限ってのメールだ。携帯電話を持っていないのでしょうがない。

筆不精という言葉があるが、僕は電話不精だ。初めての人に電話をしようとすると手のひらに汗をかく。故に関係各位には、日頃の連絡もしないまま、電話をせず御無沙汰してしまっている。失礼をお許し願いたい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 低線量被曝による白血病のリスク | トップページ | 人生にはタイミングというものがある »

コメント

お久しぶりです。
と言っても、毎日勉強させていただいています。
ところでずいぶん可愛いブログになりましたね。
かねごん先生のイメージですか。
少し驚きでした。

(かねごん)
とよ爺先生こんにちは。
震災から1年9ヶ月。沿岸部の復興はこれからが正念場です。
僕のブログもまだまだ明るい話題を提供するには、程遠い感じです。せめて画面だけでも可愛らしいブログで行こうかと変身させました。
いよいよ受験指導も佳境です。とよ爺先生も寒くなりますので、体調には十分お気をつけ下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電話恐怖症:

« 低線量被曝による白血病のリスク | トップページ | 人生にはタイミングというものがある »