最近のトラックバック

« 一人っ子の世界観 | トップページ | 第8回い~はと~ぶ音楽祭 »

2012年11月16日 (金)

わくわくである

僕の自宅のそばを県道48号が通っている。花泉から千厩・気仙沼方面に向かう道だが、自宅から弥栄方面に車で向かうと、12分ほどで北上大橋に出る。夏に川崎の花火大会で賑わう橋だ。

左手の北上川の土手の高台に、小じんまりとした森があり、端正な社が見えてくる。川崎の浪分神社だ。先日紹介した門崎の銚子浪分神社から直線距離で2キロ半ほどのところに鎮座する神社だ。名前からも判るように、御祭神は瀬織津姫である。

080925_085243

鳥居をくぐると左に馬神が祭ってあり、その横に瀬織津姫と思われる女神が刻まれた石塔が立っている。数十年来この北上大橋を通り、いつも目にしてきた神社だが、昨日初めて境内に足を踏み入れ、参拝させて頂いた。

これも早池峰神社の神様の思し召しだろうと思う。浪分神社の御祭神が瀬織津姫と知らなければ、近くに住んでいながら一生涯縁のなかった神社かも知れない。

実はこの神社からさほど遠くない所に、僕の祖母の実家がある。祖母は10年前に92歳で他界したが、祖母が小さい頃、浪分神社のお祭りに行くのが楽しみだったという話を、遠い昔に僕にしてくれたことを、昨日神社の鳥居をくぐりながら思い出していた。

とても清々しい神社である。神主さんの自宅がすぐ下にあり、境内はきれいに掃き清められていて、チリひとつ落ちてはいない。神社の鳥居から眺める北上川はまさに浪を分けるような渦を巻き、ダイナミックな光景が展開する。

これは僕の勝手な推測だが、門崎の銚子浪分神社のご神霊やご眷属が、こちらの神社にお引越しをなされて来ているのではないだろうか。物凄いパワーを感じた。

先日銚子浪分神社で感じたパワーは、こちらの浪分神社の分霊だったのではないだろうか。本家の神社が、分家の神社にその役割を譲渡した感がある。ちなみに引いたおみくじは、今までなに無いほどのベタ褒めの内容だった。瀬織津姫ファンの僕にたいしてのリップサービスだったのだろうか、気分をよくした僕は、北上川沿いの道を登り、瀬織津姫神社詣でに出発した。

途中本家銚子浪分神社に参拝をし、二日前鈴が消えた100日参りの神社へと向かった。

じゃあ~ん 鈴が戻っていた。それも鈴紐が紅白の立派な紐に替わっていた。2日前にも書いたが、ちょうど100日参りの最終日に、鈴が消えるという前代未聞の偶然に遭遇した僕は、かなりの動揺をきたしたのだが、紐を替えるために取り外していた事を知って、ほっとしたかねごんであった。

昨日のおみくじといい、紅白の紐といい、100日参りのご褒美を瀬織津姫の神様から頂いた感じがする。わくわくである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 一人っ子の世界観 | トップページ | 第8回い~はと~ぶ音楽祭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わくわくである:

« 一人っ子の世界観 | トップページ | 第8回い~はと~ぶ音楽祭 »