最近のトラックバック

« 秋と言えばさんまだが・・・ | トップページ | チャンスは平等にやってくる »

2012年10月 1日 (月)

不適切な発言

日本生態系協会の池谷奉文会長(70)が東京で開かれた講演会で、東京電力福島第一原発事故を受け「福島の人とは結婚しない方がいい」などと不適切な発言をしたとされる問題で、池谷会長は29日、報道機関に対して講演記録の一部を公表した。記録には不適切とされた発言内容が含まれていた。ただ、池谷会長は「福島の人を差別するようなことは思っていない」と反論した。
 池谷奉文会長が公表したのは東京で7月9日に開いた日本生態系協会主催の「日本をリードする議員のための政策塾」で、池谷会長が講話した冒頭と中盤の一部。
 文書には「福島ばかりじゃございませんで栃木だとか、埼玉、東京、神奈川あたり、あそこにいた方々はこれから極力、結婚をしない方がいいだろう」「結婚をして子どもを産むとですね、奇形発生率がどーんと上がることになる」とある。

出典生態系協会長 発言認める  「差別と思っていない」 | 県内ニュース | 福島民報

上の発言を読んで、かつての部落問題を僕は思い出してしまった。また昨年福島ナンバーの車がガソリンスタンドで給油を拒否される事態が生じたことがあったが、福島県の方々の心情を思うと、怒りと悲しみがこみ上げてくる。

僕の住む一関市花泉の放射線量は夏まで高かった。0.21ぐらいの線量があったが、1週間前からぐんと下がり0.08になった。

そのことをツイッターでつぶやいたところ、線量計が壊れたんじゃないですかというご意見を頂いた。そこで市役所から線量計を借りてきて測ったところ、同じ数値だった。

セシウム以外の放射能物質で、半減期が短い何かがこの地に降り注いだのではなかったのかと僕は勘ぐっている。何の情報も国は出してこない。

放射能値が高い場所は確かに危険度が高いことには変わりがない。しかし高いがゆえに、食べ物にはかなりの注意をする。スーパーで見ていてもそうだ。しかし逆に放射能の影響が少ない地域の人達の食に対する警戒は少ない気がする。

汚染地域の穀物類が、間違いなく全国に流通している。福島だけの問題ではない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 秋と言えばさんまだが・・・ | トップページ | チャンスは平等にやってくる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不適切な発言:

« 秋と言えばさんまだが・・・ | トップページ | チャンスは平等にやってくる »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ