最近のトラックバック

« 100ベクレルを基準に放射能の話をする茶番はもう止めにしたほうがいい | トップページ | 復活 »

2012年10月 9日 (火)

全身筋肉痛

昨日標高2000メートルの山歩きを5時間やってきた僕の身体はズタズタだ。全身筋肉痛。

10年ぶりに履いた登山靴に足が対応できなかったのだろう、足の裏は豆だらけ。太ももは気合を入れないと動いてくれない。それでもなんとか今朝は自宅裏の土手の草刈りをやった。

下山をして見上げる早池峰の頂上は霞むほどの牆壁だった。人間の対応力はすごいなといつも思う。朝5時半に家を出発して早池峰の河原坊登山口に到着したのは9時少し前。途中吉野家で朝食を食べたり、コンビニに寄ったりで、だいぶ遅い到着になってしまった。頂上についたのはちょうど12時のお昼時。50名ほどのクライマーが思い思いの昼時間を360度のパノラマの中で堪能していていた。

080510_085831


日頃中学生の卓球の指導をしているけれども、さすがに昨日はギブアップ状態だった。正直何度途中で引き返そうかと思っただろうか。僕の後から60代と思われるおばあさんが、息子さんと登ってきた。僕よりは間違いなく10歳は年上の方だ。その登る姿に僕の登山魂は復活した。なんとか標準時間で頂上にたどり着いた。

鳥海山も岩手山もそして僕の地元の栗駒山も快晴のもと、すぐ間近に見えた。太平洋も見渡せた。15回ほど早池峰には登っているが、昨日のような完璧な展望は初めてだった。

早池峰権現である神々にお参りした後、小田越コースを下山したのだが、下からどこかしら見覚えのある青年が一人登ってくる。

驚いたことに、僕がお世話になっている私立高校のK先生だった。彼も僕の姿を見てびっくり。彼はちなみに卓球部の顧問の先生だ。こんな偶然があるのだろうか。早池峰の瀬織津姫に日頃の感謝を申し上げた後の最初の出会いが、高校のK先生。標高1900メートルの小田越の出会いだった。また何か新しい展開が起こるかも知れない。

ちなみに河原坊の駐車場においた軽トラックに乗り込み、帰路最初に出会った車は、所沢ナンバーの77の車だった。やっぱり偶然じゃないな。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 100ベクレルを基準に放射能の話をする茶番はもう止めにしたほうがいい | トップページ | 復活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全身筋肉痛:

« 100ベクレルを基準に放射能の話をする茶番はもう止めにしたほうがいい | トップページ | 復活 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ